Sponsored Link

社会に出たら「二重敬語」に気を付けよう

敬語は普段から使っていないと使いこなせないものです。
働き始めたばかりの新社会人は、「二重敬語」を使わないように気を付けましょう。

二重敬語とは、敬語に敬語を重ね合わせてしまう間違えた言葉遣いです。
目上の方相手に対して丁寧に話そうとするあまり、敬語を盛り込みすぎて回りくどい表現になってしまうことを言います。
二重敬語
例えば、「社長」という言葉にはすでに敬意が込められています。
しかしさらに敬意を表そうとするあまり、「社長様」というような言い方をしてしまう方がいるのです。
気持ちは分からなくもありませんが、敬語に敬語を重ねても丁寧さが増すということはありません。
この場合は、単に「社長」と呼べばそれで良いのです。

敬語は、ひとつの単語につき1回までというのが原則です。
二重敬語は油断すると社会歴の長い方でも使ってしまうことがあるため、十分に注意しましょう。

「○○させていただきます」という表現に要注意!

間違えて使いがちな二重敬語として、「○○させていただきます」という表現があります。
この表現は誤用が多すぎて社会人でもある程度黙認されている部分がありますが、厳密には間違いなので頭に入れておきましょう。

「○○させていただきます」という言葉自体は間違っていません。
しかし、例えば「伺わせていただきます」というような言い方になると、二重敬語になってしまいます。

Sponsored Link

「伺う」という言葉は「訪ねる」という言葉の謙譲語です。
つまり、それ自体がすでに敬語の一種なので、後に「させていただきます」を付け加えると二重敬語になってしまうのです。
この場合は、「伺います」という言い方に留めておきましょう。

「○○られる」も間違った表現になりがち

「○○られる」という表現の使い方にも注意しましょう。
「おっしゃられる」「お越しになられる」といった言葉遣いは二重敬語になってしまいます。

これも先ほどの理由と同じで、「おっしゃる」がすでに敬語表現なので、「られる」を付け加える必要がないのです。
「お越しになられる」も同様で、「起こしになる」という言い方で十分丁寧になります。

他にも、「ご覧になられる」「ご希望になられる」など、「○○られる」という言い方は二重敬語になりがちです。
そもそも「○○られる」という敬語は、「居る」を意味する「あられる」や「おられる」などに使われる言葉ですので、変に多用しないよう注意しましょう。

二重敬語が正しい敬語として扱われる例

本来、二重敬語は間違った言葉遣いとして周知されています。
しかし、あまりにも誤用が多く一般化してしまった二重敬語や、慣例的に認められている二重敬語が存在することも知っておかなければなりません。

例えば「お召し上がりになる」という言葉は二重敬語なのですが、わりと普通に使われている表現でもあります。
単語の頭に「お(御)」をつけること自体が敬語なので、本当なら「召し上がる」という単語につけることはできないはずです。
しかしこの言い回しは、言葉の印象を和らげるという意味で許容されることが多い表現です。

他にも、「お伺いする」など、語頭に「お(御)」をつけるタイプの二重敬語は一般化しつつあります。
しかし、許容されている二重敬語表現であっても、いつでも脳内で正しい言い方に変換できるようにしておきましょう。
昔ながらの正式な敬語を好む人は少なくないため、こうした二重敬語を使っていると気分を害してしまう可能性があります。

Sponsored Link