Sponsored Link

成功者には毎日続ける習慣がある

2015年に一世を風靡した五郎丸 歩選手の活躍により、「ルーティン」という言葉が日本中に知れ渡りました。
五郎丸選手がプレースキックをける前に必ず両手を組み合わせる動作は五郎丸ポーズと呼ばれ、五郎丸選手のルーティンとして有名になっています。
ひとことで言えば、ルーティンは「習慣」であり、五郎丸選手はプレッシャーのかかる試合中にいつも通りの習慣を行うことで精神統一をはかっていたのです。
世界の偉人が続ける習慣
五郎丸選手のようなスポーツ選手だけでなく、ビジネスの世界にも独自のルーティンを持つ方は数多くいます。
Apple創業者のスティーブ・ジョブズ、Facebook開設者のマーク・ザッカ―バーグ、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツなど、世界的な成功者は誰もが独自のルーティンを持って生きています。

仕事や学業で伸び悩んでいる方には、こうした成功者のルーティンを真似することをオススメします。
彼らが成功者と呼ばれるのにはそれなりの理由があり、その成功を支えた影の立役者こそがルーティンに他ならないからです。
何もかもを模倣する必要はありませんが、成功者の考え方を学び、あなただけのルーティンを創り出してみてはいかがでしょうか。

スティーブ・ジョブズの習慣

いわずとしれたApple社創業の立役者がスティーブ・ジョブズです。
ジョブズが生み出した「スマートフォン」という概念は、文字通り世界を変えてしまうほどの大発明となっています。

ジョブズは不思議なルーティンをいくつも持っていたのですが、なかでも特徴的だったのが「毎朝鏡の自分に問いかける」というものです。
朝起きると必ずジョブズは鏡の前に立ち、「もしも今日死ぬとしたら、今日やろうとしていることは本当に最もすべきことだろうか」と問いかけたといいます。

「毎日を死ぬ気で生きろ」なんて言葉がありますが、まさにジョブズはその理念を実践し続けて生きていたと言えるでしょう。
限りある人生を全力で「やるべきこと」だけをやり続けた結果、ジョブズは世界を変えるほどの発明品を生み出しました。

もしもあなたが、何か現状を変えたいと考えているのなら、ジョブズのルーティンはとても参考になるはずです。
今自分がやろうとしていることは本当に正しいことなのか、自分自身に今一度問いかけてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

マーク・ザッカ―バーグの習慣

ハーバード大学在籍中に世界最大級のSNS「Facebook」を生み出した天才、マーク・ザッカ―バーグもルーティンを実践する成功者のひとりです。

マーク・ザッカ―バーグがプレゼンを行う映像などを見たことがある方ならピンとくるかもしれません。
これは他の大企業のCEOにもよく見られるルーティンでもあるのですが、マーク・ザッカ―バーグが人前に出るときはかなりラフな格好をしているんです。

実は、マーク・ザッカ―バーグのルーティンは「いつも同じ服を着ていること」です。
いつも同じ服を着ているということは、服を選ぶ時間を取られずに済むということ。
つまり少しでも多くの時間を「新しいことを考えること」に費やすために行っているルーティンなのです。

マーク・ザッカーバーグはこのルーティンを維持するために、同じTシャツを20枚以上もストックしているといいます。
また、メディアからの質問にも「くだらないことや、うわついたことに時間を使うと、自分の仕事をしていない気がする。私はFacebookを良くすることに全ての時間を使いたい」とコメントしており、その本気度が伺えます。

私たちがここから学べるのは、「時間配分」の大切さです。
いつも「時間がない!」と慌てている方をときどき目にしますが、果たしてその人はマーク・ザッカーバーグよりも忙しいのでしょうか。
一般人とは比べ物にならないほど忙しいはずのマーク・ザッカーバーグは、それでも上手く時間配分を行って素晴らしいものを生み出し続けています。

時間がないと嘆くまえに、自分が無駄なことに時間を割いていないかを確認してみるとよいでしょう。
そうして無駄な時間を削ることを、あなただけのルーティンとして活用するべきなのです。

ビル・ゲイツの習慣

現在のように世界中に家庭用パソコンが広まったのは、「Windows」を生み出したマイクロソフト社の功績が大きいでしょう。
そんなマイクロソフト社の創業者こそが、かつて世界一の富豪としても名を連ねたビル・ゲイツです。

ビル・ゲイツのルーティンとして有名なのが、時折「読書のためだけに1週間を使う」というものです。
それも生半可な読書量ではありません。ビル・ゲイツは読書をするために山小屋にこもり、その期間は家族とさえ連絡を絶つというのです。
しかも彼は読書のためにこもる山小屋がどこにあるのかということすら、誰にも知らせていないといいます。

一切の雑念を取り払い、読書以外のことは一切行わないという姿勢は「集中」の極地と言えるでしょう。
世界を動かすようなビル・ゲイツのアイディアの多くは、この読書期間に生まれたものであると言われています。

集中力が足りないという方は、これくらい徹底して集中できる環境を作ったほうがよいのかもしれません。
人によって集中しやすい環境は違いますから、自分にとって最も集中できる条件を見つけることこそが、あなたにとってのルーティンになるかもしれません。

Sponsored Link