Sponsored Link

チーズフォンデュは意外に簡単に作れる!

トローリ溶けたチーズに具材をつけて食べるスイスの伝統料理チーズフォンデュ。
たっぷりとチーズが味わえる贅沢感は、チーズ好きにとってたまりませんよね。
チーズフォンデュ
最近では日本のレストランでも提供されるようになってきたチーズフォンデュですが、まだまだ「身近な料理」と呼ぶにはいたりません。
チーズフォンデュが好物だという方はかなり多いはずですが、自宅で頻繁にチーズフォンデュを作っているという方はそう居ないでしょう。
なんとなくチーズフォンデュに「特別な料理」というイメージを抱き、自宅で作るのは難しいと思い込んでいる方も少なくないようです。

しかしチーズフォンデュは、意外なほど簡単に作れてしまいます。
ざっくり言ってしまえば「チーズを溶かすだけ」で出来てしまいますから、料理が苦手だという方でも問題なく美味しいチーズフォンデュが作れます。
レシピさえ覚えてしまえば、これからは自宅でもチーズフォンデュを楽しむことができますよ!

簡単チーズフォンデュの作り方

チーズフォンデュの作り方にはいくつかの方法がありますが、まずは一番簡単なレシピからお教えします。
この簡単レシピなら、近所のスーパーに売っている材料でも美味しいチーズフォンデュを作ることができますよ。

材料

Sponsored Link

  • ピザ用チーズ(300g)
  • 牛乳(150ml)
  • 薄力粉(30g)
  • お好みの具材

作り方

  1. ビニール袋にチーズと薄力粉を入れ、よく振って混ぜ合わせます。
  2. 鍋に牛乳を入れ、弱火で加熱していきます。
  3. 牛乳が沸騰する前にチーズを入れ、溶けるまでよくかき混ぜます。
  4. チーズが溶けたら完成です。お好きな具をつけてお召し上がりください。

もっと本格的に作りたい方のためのレシピ

さらに本格的なチーズフォンデュを作りたい方は、チーズの種類や隠し味にもこだわってみましょう。
ここでは材料にこだわったチーズフォンデュのレシピをご紹介しますが、基本的な作り方自体は先ほどと同様すごく簡単なので、余裕のある方はぜひ試してみてください。

材料

  • グリエールチーズ(200g)
  • エメンタールチーズ(100g)
  • 白ワイン(150ml)
  • 片栗粉(30g)
  • ニンニク(1かけ)
  • 黒こしょう(適量)
  • お好みの具材

作り方

  1. チーズを細かく切っておきます。
  2. 鍋の内側にニンニクをこすりつけ、香りづけをしておきます。
  3. 鍋に白ワインを入れて強火にかけ、沸騰したら中火に落とします。
  4. 白ワインの熱でチーズを溶かしていきます。少量づつ入れるのがコツです。
  5. 仕上げに黒コショウを入れて良くかき混ぜましょう
  6. ほどよく混ざったら完成です。お好みの具材をつけてお召し上がりください。

チーズフォンデュにオススメの具材

チーズフォンデュの具材に決まりはありません。
お好きな具を選んでお好みのチーズフォンデュを楽しむことができます。

お決まりの具材としては、ウインナー、バゲット、野菜などがあります。
野菜はブロッコリー、プチトマト、アスパラガスなど、串に刺して食べやすいものを選ぶのがオススメです。
カブやレンコンといった、和食に使われる野菜も意外にチーズと合います。

最近では魚介類もチーズフォンデュの具材として人気になってきました。
エビやホタテはもちろん、鮭やタラといった魚の切り身もチーズと相性バツグンです。
魚を使うときには、小骨が混ざらないようあらかじめ処理しておきましょう。

少し変わり種としては、甘い物をチーズにくぐらせるという手法があります。
ドライフルーツやマシュマロ、スポンジケーキなど、チョコレートフォンデュに使われるような具材が面白いハーモニーを生み出します。
甘い物とチーズの組み合わせは好き嫌いが分かれるところですが、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

Sponsored Link