Sponsored Link

首まわりに出来たイボ…その正体は?

いつの間にか、首まわりにポツポツと小さなイボが出来てしまったという経験はありませんか?
または、首まわりを手で触るとザラザラした感触がある…なんて経験がある方も少なくないでしょう。
首イボ
こうしたデキモノは、一般的に「首イボ」と呼ばれるものです。
「もしかして病気かも?」と心配になってしまうかもしれませんが、首イボそのものが健康に害を及ぼすことはありません。
なぜなら首イボは正式名称を「老人性イボ」といい、歳を取ると誰にでも現れる可能性のある症状だからです。

首イボの正体は、古くなった角質の塊です。
本来なら、人間の肌は古くなった角質を落とし、新しい角質と入れ替える「ターンオーバー」という代謝活動を行っています。
しかし歳を取るとターンオーバーが上手くいかなくなり、古い角質が上手く落ちずに残り続けるのです。
残ったままの古い角質の下から、新しい角質が皮膚を押し上げることで、皮膚の一部分だけがどんどん膨らんでいきます。
これが首イボができるメカニズムなのです。

首イボができやすいのはこんな人

首イボは、皮膚の老化が始まる30代を超えると出来やすくなるといわれています。
特に、男性よりも女性は首イボに悩まされやすい傾向にあります。

女性に首イボが出来やすいのは、アクセサリーを着用する機会が多いためです。
首まわりの皮膚は薄く、ネックレス等のアクセサリーや服との摩擦が起こるだけでもダメージを受けていきます。
そうしたダメージが蓄積して、首イボという症状として現れるのです。

また、首まわりの皮膚は紫外線を浴びることでも老化していきます。
外出時に日焼け止めを塗ることを怠り続けると、首イボが出来やすくなっていきます。
紫外線を浴びると出来やすくなるという性質上、どうしても野外で活動する時間が多い方には首イボが出来やすくなるのです。

Sponsored Link

いずれの原因にも共通するのは、首まわりの皮膚が弱ることで首イボが出来やすくなるということです。
首イボを予防するためには、常日頃から首まわりの皮膚のケアを続けることが大事であると言えるでしょう。

首イボは改善することが出来る!

首イボは普通に洗っても取れませんが、適切なケアを行えば改善することが可能です。
完全に治ると断言することはできませんが、時間をかけてケアすれば大きなイボを小さくすることくらいは十分に可能です。

首イボを改善したい方にとって大切なのは、首まわりの皮膚を保湿することです。
皮膚は乾燥によって想像以上のダメージを受けてしまうため、常に適切な水分量を保つことが首イボケアの第一歩となります。
首まわりの皮膚を保湿するためには、化粧水やオールインワンジェルを使用すると良いでしょう。
紫外線によるダメージを防ぐために、日焼け止め成分を含んだクリームを使うのもオススメです。

皮膚を保湿して新しい首イボの発生を抑えたら、次はすでに出来てしまった首イボのケアに移ります。
実は、首イボケア専用の美容液や薬は多く開発されており、一般的な薬局でも簡単に手に入れることができます。
効果には個人差がありますが、上手く肌質に合えば首イボがポロポロと落ちることも珍しくありません。
いくつか試して自分の肌に合った製品を探してみましょう。

首イボケアに効果のある成分とは

首イボケアに役立つ美容液や薬には「ヨクイニンエキス」という成分が含まれていることがよくあります。
美容に疎いとあまり耳慣れない成分ですが、ヨクイニンエキスはハトムギの種子から取れるもので、昔から漢方薬として珍重されてきました。
漢方の世界でもイボの治療に効果があるとされており、病院で処方される際には保険適用もされている信頼できる成分です。

ヨクイニンエキスには、皮膚の新陳代謝を促進するという働きが期待されています。
もともと首イボは皮膚の新陳代謝が上手くいかなかったことで出来るものなので、そのサイクルさえ正せば改善が期待できるというわけです。

残念ながらヨクイニンエキスが配合されているからといって確実に首イボが治るというわけではありませんが、ヨクイニンエキスが首イボケアに役立つ成分だということは間違いありません。
首イボケア専用の美容液や薬の選び方に迷ったら、ヨクイニンエキスが含まれているかどうかを選び方の基準にしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link