Sponsored Link

肩がこるのは日本人だけ!?

「外国人は肩がこらない」という話を聞いたことがあるでしょうか。
日本人なら、勉強や仕事に精を出し、ふと「肩がこったなぁ」と思った経験は誰にでもあるでしょう。
しかし日常生活の中で「肩がこる」という現象は、われわれ日本人にのみ起こり得る特有の症状だというのです。

外国人、肩こり

外国人と日本人、国籍が違えど同じ体構造を持った人間であるはずなのに、どうしてこのような違いが生まれるのでしょうか。
今回は、「外国人は肩がこらない」という説の根拠と真偽について詳しく解説していきましょう。

外国人には「肩がこる」という概念が無いだけ

結論から言って、外国人でも肩がこることはあります。
人間の体は国籍に関わらず同じ筋肉で構成されているので、そもそも日本人だけが「肩こり」という症状を発症するのも可笑しな話です。
ではどうして日本人だけが「肩がこった」と感じるのかというと、実は「肩こり」という概念そのものが日本にしか無いからなのです。

例えばあなたは、足の裏に痛みを感じたとき「足の裏がこった」と感じるでしょうか。
ほとんどの人は「足の裏がこった」なんてまどろっこしい言い方をせず、「足の裏が痛い」と言うはずです。

外国人に「肩がこった」という概念が通用しないのはこのためです。
当然、外国人にも肩こりの症状が出ることはありますが、肩こりの概念を持たない彼らは「肩が痛い」と感じるわけです。
つまり、「外国人は肩がこらない」という話は正確ではありません。

Sponsored Link

また、日本人と外国人では同じ症状でも感じ方が違うと言われています。
いわゆる「肩がこった」という状態で実際にこっているのは肩ではなく、肩と首の中間にある筋肉です。
ちょっとややこしい場所にあるこの筋肉を、日本人は「肩」と表現しますが、外国人はこの筋肉を「首」とみなします。
仮に「こった」という表現をするとしても、肩ではなく「首がこった」と感じるわけです。

なぜ日本人だけが「肩こり」という言い方をするのか

実は、「肩こり」という言葉はそこまで古くありません。
肩こりという言葉を世に広めたのは、かの文豪・夏目漱石であったと言われています。
夏目漱石が1910年に出版した著書「門」の一説には「指で圧してみると、頸と肩の継目の少し背中へ寄った局部が、石のように凝っていた。」という言葉があり、これが肩こりという言葉を知らしめる結果となりました。

もちろん、それまでの人類が一切肩こりを感じていなかったというわけではありません。
夏目漱石に広められる以前は「肩癖(けんぺき)」という言葉で、肩のこりが表現されていました。
しかし肩癖という言葉はそれほど一般的ではなく、昔の日本人は「肩の痛み」の正体を今一つ理解せずにいたのです。
そこへ夏目漱石の「石のように凝っていた」という言葉が当てはまり、「この痛みの正体は肩こりと言うのか」と納得した人々によって肩こりという言葉が広まっていったのです。

しかし日本人は圧倒的に肩がこりやすい

外国人も肩こりにならないわけではありません。
しかし、日本人が外国人よりも圧倒的に肩こりを起こしやすいというのも事実です。
夏目漱石が考案した「肩こり」という言葉が日本では瞬く間に浸透したのに対し、未だに外国で「肩こり」に相当する言葉がマイナーなのもそのためです。

日本人が肩こりを起こしやすいのは、単に体質の問題ではありません。
実は日本人ならではの生活スタイルが、肩や首に大きな負担をかけてしまうからなのです。

例えば、日本人は毎日のように地面に座り、箸を使って食事します。
実はこの体勢をとるとどうしても俯き加減になってしまうので、首まわりの筋肉に負担がかかりやすいんです。
また、何かあるごとにお辞儀をするという文化も、日本人の首に負担をかけることになっています。

Sponsored Link