Sponsored Link

マーガリンとバターの違いは何か

バターとマーガリンは、見た目も味もそっくりですが違う食べ物です。
そもそもこの2つは、原材料からして全く違います。

バターは、80%以上が動物性脂肪で出来ています。
つまり、牛乳を原材料にして製造されているということですね。
マーガリン
一方、マーガリンの原材料の80%以上は植物性脂肪です。
大豆油やコーン油など、植物から搾り取られた油で作られるのがマーガリンなのです。

なんとなく「植物由来」のマーガリンのほうが健康的に感じてしまいそうですが、実際はその逆です。
実は昔から、「マーガリンはバターより体に悪い」と言われ続けてきたことをご存じでしょうか。
マーガリンには「食べるプラスチック」なんて不名誉な異名もあり、健康的な生活を送る人たちから忌み嫌われています。

では、どうして動物性由来のバターより、植物由来のマーガリンの方が体に悪いとされているのでしょうか。
今回は、マーガリンが体に悪いと言われている根拠についてご紹介しましょう。

マーガリンが体に悪いとする根拠

現在のようなマーガリンが開発されたのは、19世紀も末に入ってからのことでした。
水素を添加することで、本来は液体であるはずの植物油を硬化させる技術が開発され、第二次世界大戦で物資に困窮していたアメリカなどで広く製造されるようになりました。
安価で大量生産が可能なマーガリンはやがて日本にも伝わり、「人造バター」という名前で庶民にも広まっていきます。

マーガリンが体に悪いと言われる理由は、水素を使って油を固める際に大量の「トランス脂肪酸」が発生するからです。
トランス脂肪酸は人体にとって「摂取する必要がない成分」と言われており、食品からトランス脂肪酸をとっても百害あって一利なしです。
体内にトランス脂肪酸が溜まると悪玉コレステロールが増え、やがて心臓病などの疾患にかかりやすくなります。
さらにガンや心筋梗塞、喘息やアトピーなど、様々な病気を引き起こす危険な成分なのです。

Sponsored Link

少量のマーガリンを食べる程度なら大した被害はありませんが、大量のマーガリンを食べると健康に大きな被害が出るといいます。
バターに含まれるトランス脂肪酸の量は100グラムあたり1.9グラム程度ですが、マーガリンには100グラムあたり7グラムのトランス脂肪酸が含まれているという調査結果が出ています。

実際には大した問題じゃない?

大量のトランス脂肪酸が含まれているマーガリンは、はっきり言ってしまえば「体に悪い食べ物」です。
なんとアメリカではすでにマーガリンが規制されており、「禁止食品」として扱われているのです。
しかし日本では、マーガリンを規制しようなんて声はほとんど上がりません。

食品を管理する厚生労働省や農林水産省も、「マーガリンは食べすぎないように」とは言いますが、「マーガリンを食べるな」とはひとことも言いません。
なぜなら、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、常識的な範囲内でマーガリンを食べる分には大した問題にならないとされているからです。

トランス脂肪酸には明確な安全基準があり、WHOの報告では「全カロリーの1%未満であれば安全」とされています。
マーガリンが規制対象となったアメリカ人の場合、平均して全体重の2.6%ものトランス脂肪酸を摂取していたことが分かっています。
しかし日本人を調査した結果、トランス脂肪酸の摂取量平均が0.7%だったため、規制対象にならずに済んだというわけです。

つまり、そもそもマーガリンを食べている量が圧倒的に違ったということですね。
アメリカ人はマーガリンやバターといった油脂製品の摂取量が多いため、なかでも特にトランス脂肪酸が多かったマーガリンが規制されたに過ぎないというわけです。

日本人の場合、普段から和食などの健康的な食生活を心がけていればトランス脂肪酸を気にしすぎる必要はありません。
朝食でマーガリンを塗ったパンを食べたり、お菓子作りにマーガリンを使う程度なら何ら問題はないと見てよいでしょう。

Sponsored Link