Sponsored Link

健康状態は爪に現れる!

「爪は健康のバロメーター」という話があります。
爪には内蔵などの健康状態が現れると言われており、お医者さんも診察時に患者の爪の色を確認することがあるほどです。
何の自覚症状が無い状態でも爪には変化が出ることもあるため、爪は健康管理の目安として使うこともできます。
爪
今回は、体調を崩した人に現れがちな爪の状態を解説していきましょう。
もしも思い当たる節があれば、大事になる前に専門の医師の診察を受けることをオススメします。

まずは爪の色を見てみよう

特定の病気にかかっていると、爪の色が変化することがあります。
健康な人の爪は薄いピンク色をしていますので、それ以外の色になっている方は要注意です。

爪が白っぽくなっていたら、肝硬変・腎不全・糖尿病などの内臓疾患の可能性が高くなっています。
内蔵の病気にかかると爪の裏にある「爪床(そうしょう)」という部分が白くなってしまうため、爪表面も白く濁って見えるのです。

爪が黄色っぽくなっていたら、「爪甲剥離症」という病気にかかっていることがあります。
皮膚と爪が剥がれることで起こる現象ですが、これは内臓疾患・皮膚疾患・細菌感染などを原因として起こります。

爪が青紫色になっていたら、肺疾患の恐れがあります。
肺が上手く機能していないことにより、血液中の酸素濃度が低くなってチアノーゼが出てしまっているのです。

Sponsored Link

爪が青白い場合は、貧血などの症状が出やすい状態です。
血の巡りが悪くなっていることにより、爪に血流が行き届いていないと考えられます。

爪が赤い場合は、「多血症」の恐れがあります。
赤血球が増加したことによって起こる疾患ですが、放置すると心筋梗塞などの重大な病に繋がりかねないため注意しましょう。

爪が黒くなっている場合は、悪性腫瘍の発生が疑われます。
特に、縦向きに黒い線が入っているのが確認できる場合はすぐに医師に相談しましょう。

爪の形が崩れていたら要注意!

健康状態に異常があると、爪の形は崩れてしまいます。
色がキレイであっても、形が崩れている場合は内臓疾患の可能性などが疑われます。

爪の先端が曲がり、指を覆うような形になっていたら「ばち爪」という状態です。
ばち爪は内臓疾患にかかっている方に多くみられる症状で、放置すると肺気腫や肺がんなどの重篤な病に繋がりかねません。

爪に横線が入っていたら、栄養不足が疑われます。
亜鉛が不足しているときに起こる現象なので、慌てる必要はありませんが放置せずサプリメントなどを飲んで改善しましょう。

爪に縦線が入っていたら、睡眠不足や過労のサインです。
それ自体が重篤な病に繋がるということではありませんが、病気の初期症状とも呼べる状態なのでゆっくり体を休めましょう。

爪がスプーンのように反り返っているときは、ヘモグロビン不足のサインです。
また、肝臓が弱っているときや、心臓病や甲状腺機能低下症の可能性もあるため油断せず医師に相談しましょう。

爪が分厚く肥大化してきたら、「真菌感染」という病気の恐れがあります。
体内にカビ菌が侵入したときに起こる症状で、放置すると反応性関節炎や肺疾患を引き起こす可能性があります。

Sponsored Link