Sponsored Link

食べ物で髪を生やすことは可能?

若々しい髪の毛を保つには、食事に気を使う必要があります。
髪の毛も当然人体の一部ですから、食事から適切な栄養を摂らなければ上手く生育することができずにどんどん抜け落ちてしまうのです。
そうでなくとも髪は加齢と共に抜けていきますから、髪に栄養を与えることでどれだけ長持ちさせられるかという点が、発毛や育毛のポイントになってきます。
育毛効果
しかし、髪に優しい成分を含んだ食事を摂ったからといって、突然髪が生えてくるというわけではありません。
髪の根本にある「毛根」が死んでしまえば、いくら栄養を摂ったからといって、そこから髪が生えてくることは二度とありません。
つまり、髪に良い食事とは「毛根に元気を与える食べ物」であるといえるでしょう。

医学の進んだ現代でも発毛効果が認められている成分自体が少なく、「この食材を食べたら髪が生える!」と断言できるような食べ物はひとつもありません。
どちらかの言えば、髪を生やすための「発毛」ではなく、髪を生き生きと育てるための「育毛」を目的にして食事を摂るのが正解だと言えます。

育毛に良い食材一覧

ここからは、育毛に効果が期待できる食材をご紹介していきましょう。
これらの食材を毎日の食事に取り入れることで、長く若々しい毛髪を保つことが出来るかもしれません。
ただし、ここでご紹介するのはあくまで「育毛に良い食材」であって、「食べたら髪が生える食材」ではないことに留意してください。

海藻

昔から、ワカメには発毛効果があるという話がまことしやかに語られてきました。
実際のところワカメを食べても突然髪が生えるようなことはありませんが、しかし海藻類が髪に良い影響を及ぼすことは間違いありません。
海藻には、亜鉛やフコイダンなどの髪にとって良質な栄養が豊富に含まれています。

みかん

みかんはとても栄養価が高く、中国では漢方薬としても使われている食材です。
毛細血管を広げて血行を促進する働きがあるため、頭皮の血液の滞りを解消してくれる効果が期待できます。
育毛効果が期待できる成分は、みかんの実よりも白っぽいスジの部分に多いため、スジをはがさずに食べるのがオススメです。

Sponsored Link

豆腐と唐辛子

豆腐と唐辛子を一緒に食べると高い育毛効果が期待できます。
豆腐に含まれる大豆イソフラボンと、唐辛子に含まれるカプサイシンが反応すると「IGF-1」という成長因子が分泌されます。
IGF-1は毛母細胞を刺激して育毛を促進する働きがあると言われている成分です。

ナッツ

髪の毛は80%以上がタンパク質で出来ているため、その生育にはタンパク質の摂取が必須となります。
しかし取り込んだタンパク質が髪の毛に変わるためには亜鉛が必要になるため、育毛には亜鉛を多く含んだ食品が推奨されます。
その点、ナッツには多くのタンパク質と亜鉛が含まれているため、髪を育てるのに最適な食材だといわれています。

鳥軟骨

鳥軟骨に含まれているコラーゲンは、髪というよりも頭皮に優しい成分です。
頭皮が乾燥して固くなると髪は抜け落ちやすくなるため、コラーゲンを摂取して育毛に適した頭皮環境を手に入れましょう。
サプリメントや粉末のコラーゲンでも構いませんが、食材から摂ると他の栄養素も同時に摂取できるので効率的です。

 

育毛に悪い食材一覧

残念ながら、世の中には育毛に適していない食材も多く存在します。
髪に悪い食事はそもそも不健康なものが多いので、これを機に食事を見直すと育毛だけでなく長寿にも繋がるかもしれませんよ。

ラーメン

髪は過度な塩分を摂ると抜けやすくなります。
ラーメンはたった1杯食べるだけで1日の塩分摂取量を大きく超えてしまう料理なので、育毛には大変不向きです。
時折食べる程度なら大した問題になりませんが、日常的に食べているなら少し控えるように心掛けましょう。

ケーキ

実際にお菓子作りをしたことがある方なら分かると思いますが、ケーキには想像以上に大量の砂糖が使われています。
過度に糖分を摂取すると頭皮から皮脂が分泌されるため、フケがでやすくなって毛穴がふさがってしまいます。
毛穴がふさがるとせっかく生きている毛根からも髪が生えてこなくなるため、糖分の摂りすぎには十分注意しましょう。

お酒

人間の体はアルコールを摂取すると血行が悪くなります。
頭皮周辺の血行が滞ると髪に栄養が行き届かなくなるため、髪が抜け落ちやすくなるのです。
日常的にお酒を飲んでいるという方は、日常的に頭皮の栄養が不足しているということになるので、少しお酒を控えるようにしましょう。

Sponsored Link