Sponsored Link

 

乳酸菌にはたくさんの種類がある

人間にとって有益な働きをする菌のことを、俗に「善玉菌」といいます。
そんな善玉菌のなかでも最も有名で身近なのが、お腹の調子を整えてくれる「乳酸菌」ではないでしょうか。

乳酸菌が下痢や便秘の改善に役立つことはみなさんご存知だと思いますが、乳酸菌には他にも様々な健康効果が期待できます。
代表的なものだけでも、アレルギー症状の改善・免疫力向上・ガンの予防。胃潰瘍の予防・ピロリ菌増殖の抑制など、乳酸菌には計り知れないほどのパワーがあります。

このように、人間にとっては良いことづくめの乳酸菌ですが、意外にも乳酸菌がどんな菌なのかを知っている方はそう多くありません。
例えば、「乳酸菌」というのが1種類の菌を指す名前ではなく、発見されているだけでも数千種類を超える菌類の総称であるということすら、一般には周知されていません。
乳酸菌は種類ごとに役割が異なりますので、健康に役立てたいなら乳酸菌についてもっとよく知っておくべきだといえます。

あまりにも数が多いため全種類の乳酸菌をご紹介することはできませんが、せめて乳酸菌には「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類があるということだけは覚えておきましょう。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌では、含まれている食材も、人間にもたらす効果も全く異なるのです。

動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌は、主としてチーズやヨーグルト等、乳製品に多く含まれている乳酸菌です。
チーズやヨーグルトは加熱処理をせずに食べることができるので、動物性乳酸菌を殺さずに摂取できるというメリットがあります。

ヨーグルト

Sponsored Link

ところがほとんどの動物性乳酸菌は、摂取しても腸に辿りつく前に死んでしまうとされています。
動物性乳酸菌は胃酸に弱く、他の微生物と共存して生き延びることもできないからです。

しかし決して、動物性乳酸菌を摂取するメリットが無いわけではありません。
胃酸で死んでしまった動物性乳酸菌の死骸は、植物性乳酸菌やその他の常在善玉菌たちの餌となるためです。
また、動物性乳酸菌は胃酸で分解された場合でも腸の蠕動運動を促す効果を持っていますので、便通をスムーズにする効果が期待できます。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌は、野菜や豆類などの発酵食品に含まれている乳酸菌です。
日本ではお漬物や味噌、韓国ではキムチ、中国ではザーサイ…などなど、植物性乳酸菌を活用した発酵食品は昔から世界各国で愛されてきました。

キムチ

植物性乳酸菌のスゴイところは、動物性乳酸菌に比べると圧倒的に「胃酸に強い」という点です。
人間の体内に入っても、他の微生物や細菌と共存することで胃酸に溶かされず、生きたまま腸まで届いてくれます。
ヨーグルトなどのCMでよく耳にする「生きたまま腸に届く」という謳い文句の乳酸菌は、多くの場合植物性乳酸菌です。

また、日本人は体質的に植物性乳酸菌との相性が良いという説もあります。
漬物・味噌・醤油など、和食には植物性乳酸菌を含んだものが多く、日本人は昔から植物性乳酸菌の整腸作用に頼って生きてきたからです。
欧米諸国に比べると乳製品でお腹を壊しやすい「乳糖不耐症」の方が多い日本人にとって、乳製品を介さずに乳酸菌を摂取できる植物性乳酸菌のメリットはとても大きいのです。

Sponsored Link