Sponsored Link

ストレートネックとは

簡単に説明すると、ストレートネックとは「首の骨がまっすぐに伸びている状態」を指す言葉です。
本来なら人間の首の骨は背骨からS字を描くように湾曲しているものですが、ストレートネックになった人の首の骨はピンとまっすぐに伸びています。

ストレートネック

正常な頚椎は30度~40度の角度で湾曲していますが、ストレートネックの人の頚椎は30度以下になっています。
首がまっすぐになると頭部の重量がモロに首にかかってしまうため、ストレートネックになると慢性的な頭痛・首の痛み・肩こりに悩まされるようになります。
また、ストレートネックの状態が何年も続くと首まわりの血流が悪くなってしまうため、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血といった死に直結する病に繋がるケースもあります。

しかしストレートネックはいわゆる「病気」ではなく、医学的には首の骨がまっすぐになっている「状態」を指す言葉に過ぎません。
放っておけば様々な病気に繋がる可能性がありますが、それ自体が病気というわけではないため、ストレートネックになったからといって必ずしも何らかの症状が出るということではありません。
そのため、自分がストレートネックかどうかを自覚症状から判断することは難しく、病院でもレントゲン写真を撮るまでストレートネックを断定することができないのです。

ストレートネックの原因とは

うつむいた姿勢でいると、頭部の重みが首にかかり、首の骨が徐々に曲がっていきます。
少しの時間なら大した問題ではありませんが、長時間連続でうつむいた姿勢を続けていると、首の骨が本来のカーブを失って真っ直ぐに伸びてしまいます。
つまり「長時間うつむいた姿勢を続けること」がストレートネックの主な原因となるのです。

「長時間うつむいた姿勢を続けること」の要因になりがちなのが、パソコンでの事務作業です。
パソコンを使っていると、ついつい猫背になってモニターを見つめてしまうという方も少なくないでしょう。
そうした姿勢を続けていると腰が痛くなることもありますが、実は腰よりも大きな負担がかかっているのが首の骨なのです。

Sponsored Link

また、スマホを使う姿勢もストレートネックに大きく影響します。
スマホを手に持って覗き込むと、どうしても頭を下に向ける形になり、首の骨に大きく負担をかけてしまいます。
頭を下げるのではなく、スマホを持つ手を上げるようにしなければ、ストレートネックになる可能性が上がります。

他にもいくつか原因は考えられますが、「パソコン」「スマホ」がストレートネックの二大原因です。
実際に、一般家庭にパソコンが普及し始めた90年代、そして1人1台スマホを持つようになった2000年代には、ストレートネックになる人が急増したと言われています。

ストレートネックを治すための方法は?

先ほども少し触れましたが、ストレートネックは病気ではないため、よほど悪化しない限りは病院で治療するということはありません。
骨が変形でもしていない限り手術が行われることは稀ですし、薬を使うにしてもせいぜい痛み止めが処方される程度です。
現状、ストレートネックに関して病院ができるのはレントゲンを撮ることくらいなのです。

ではどうやって治せばよいかというと、ストレートネックには「ストレッチ」が最も有効だと考えられています。
拍子抜けするかもしれませんが、ストレートネックは病気ではないとはいえ「首の骨」というデリケートな部分に発生した問題なので、むやみにいじくることはできません。
そもそも姿勢の悪さが原因となっている以上、ストレッチで姿勢を正す対症療法が最も適切だといえるのです。

しかし正しくストレッチを行っていても、ストレートネックは1日2日で治るわけではありません。
一気に治そうとして無理に力を加えると悪化する可能性すらありますので、時間をかけてゆっくりと治療することを心がけましょう。

ストレートネックに効果のあるストレッチ法

  1. 姿勢良く座り、首の付け根にタオルをかける。
  2. 首にかけたタオルの両端を持って前方に引っ張りながら、ゆっくりと上を向く。
  3. タオルを引っ張ったままでアゴを引き、5秒~10秒ほど姿勢をキープする。
  4. タオルの位置を少しだけ上にズラし、もう一度2~3までの手順を行う。
  5. もう一度タオルを上にズラし、2~3までの手順を行う。

<参考動画> タオルを利用したストレートネックの治し方

Sponsored Link