Sponsored Link

顔にだけ汗をかくのは病気?

暑いときに汗をかくのは当然ですが、ときどき「顔にだけ汗をかく」という方がいます。
体やワキなどには汗をほとんどかいていないのに、顔だけが汗でベタベタ…なんて状態になるようです。
異常な顔汗は見た目が悪いというだけならまだしも、「何かの病気の予兆ではないか」と心配になってしまいますよね。

顔汗

たしかに顔にしか汗をかかないのは正常とは言い難い状態です。
しかし結論から言えば、顔汗が多く感じたからといって直ちに何らかの病気を疑う必要はありません。

実は顔の汗はもともと「ベタベタしやすい性質」を持っているため、本人が思っているほど多く汗をかいていなくとも気になりやすいのです。
特に、普段から汗をかく機会が少ない方は汗腺が衰えているため、ベタベタとした蒸発しにくい汗をかきにくい傾向にあります。

そのため、自分では顔に汗をかきやすいと感じていても、実際には一度かいた汗が蒸発していないだけという可能性もあります。
頻繁に顔汗に悩まされているということでもない限り、過度に心配する必要はないといえるでしょう。

顔汗は運動不足が原因かも

汗をかく頻度が少ないと、汗を出すための器官である「汗腺(かんせん)」が衰えることがあります。
汗腺が衰えると、いざ汗をかく必要が生じた際に汗を出しすぎたり、顔ばかりに汗をかいてしまうという可能性があるのです。

Sponsored Link

普段、デスクワークばかりで運動をする機会が少ない方などは要注意です。
運動をして汗をかいていれば汗腺は正常に働きますが、運動不足の人ほど汗腺の働きが衰えるケースが多いからです。

また、汗腺の働きが弱い人ほどベタっとした汗をかきやすいといわれています。
汗にはミネラル分も含まれているのですが、あまりに汗をかきすぎると体内のミネラル分が不足してしまうため、正常な汗腺は一度出した汗からミネラルを再吸収します。
ところが汗腺が衰えているとミネラル分の再吸収が上手くいかなくなり、ミネラル分を含んだベタっとした汗になってしまいます。

顔に汗をかきやすいと感じている方や、顔の汗にベタベタした気持ち悪さを感じている方は、まず運動習慣を見直してみましょう。

顔に汗をかきやすい「顔面多汗症」とは

顔に汗をかくからといって過度に病気の心配をする必要はありませんが、あまりにも汗の量が異常だと感じたら「顔面多汗症」を疑ってみましょう。
顔面多汗症は、読んで字の如く「顔に汗をかきやすくなる病気」です。

気温が高いとき、運動したとき、辛い物を食べたときなど、誰でも汗をかくような状況で顔汗をかくなら問題ありません。
しかし、空調の効いた部屋にいるのに自分の顔だけが汗だくになっていたり、常に顔からポタポタと汗が出ている場合などは顔面多汗症の可能性があります。

人よりも汗をかきやすい症状を「多汗症」というのですが、顔面多汗症はその中でも「顔だけ」に汗をかくという特異な症状です。
残念ながら未だそのメカニズムは解明されていませんが、多くの場合は「自律神経の乱れ」が原因となっていると考えられています。

原因はまだまだ研究途中ですが、顔面多汗症を改善することは充分に可能です。
生活習慣の見直しで改善が見られるケースもあれば、ツボ押しや漢方薬が思わぬ効果を発揮することもあります。
人によって治療法が異なるため、本気で治療したいなら医師の診断を仰ぐのが良いでしょう。

Sponsored Link