Sponsored Link

子供が嘔吐したけど熱はない…「感染性胃腸炎」を疑おう

幼児の嘔吐

まだ体が出来上がっていない幼児は、ちょっとした体調の変化で嘔吐してしまいます。
幼児は大人に比べるとウイルスや細菌への耐性が低いため、食中毒や感染症のリスクも高いのです。

幼児が嘔吐した際、インフルエンザなどの症状を疑う親も多いでしょう。
しかし体温を測ってみると熱はなし…いっそ風邪なら対処法が分かりやすいというものですが、熱が無いとなると逆に心配になってしまいます。

嘔吐したけど熱が無いときに考えられる原因はいくつかありますが、最も多いのが「感染性胃腸炎」です。
感染性胃腸炎は細菌やウイルス等が体内に侵入したことで起こる病気で、冬になると度々大流行する「ノロウイルス」なども感染性胃腸炎の一種ということになります。

原因となったウイルスの種類によって症状が若干異なりますが、ほとんどの場合は嘔吐・下痢・腹痛などの症状が現れます。
症状が重くなると発熱を伴いますが、熱が出ないケースも珍しくないので注意が必要です。

単なる食べすぎで吐いたのであれば、嘔吐のあとには吐き気が治まるはずです。
しかし感染性胃腸炎の場合、何度吐いても吐き気が治まりにくく、1日のうちに何度も嘔吐を繰り返すという特徴があります。
一度の嘔吐で症状の改善が見られない場合は感染性胃腸炎の可能性が高いため、早めに医師の診断を仰ぎましょう。

幼児が嘔吐したときは水分補給を忘れずに

感染性胃腸炎が疑われる場合、「脱水症状」にも注意しなければなりません。
幼児は数回嘔吐するだけで簡単に体内の水分が不足するため、感染性胃腸炎にかかった幼児は脱水症状に陥りやすい傾向があるのです。

Sponsored Link

脱水症状が出ると、体力が消耗してしまうので感染性胃腸炎が治るまでに余計な時間がかかってしまいます。
それで済めばまだ良い方で、脱水症状が進めば熱中症などの症状まで引き起こす可能性すら考えられるので、幼児の水分補給には細心の注意を払いましょう。
幼児は腹痛のせいで水を飲むのを嫌がるかもしれませんが、少量づつでも水分補給させてあげてください。

ただし、感染性胃腸炎に掛かっているときは飲み物の種類にも注意が必要です。
一番良いのは薬局などで手に入る「経口補水液」で、それが無ければ「湯冷まし」、乳児なら「母乳」を飲ませてあげましょう。
冷たい水や牛乳などを飲むと症状が悪化しかねないので、飲ませてあげる水分の種類には気を付けてください。

感染性胃腸炎の場合は二次感染にも注意しよう

感染性胃腸炎のなかでも特に注意したいのが「ノロウイルス」「ロタウイルス」などのウイルスを発生原因としたものです。
これらのウイルスは症状が重いだけでなく非常に感染力が高いため、油断すると看病している親の方も感染性胃腸炎にかかってしまいます。
当然、感染性胃腸炎にかかった状態で保育園や幼稚園に登園すれば高確率で集団感染を引き起こしてしまうため、少しでも感染の疑いがあれば必ず保育園・幼稚園は休ませてください。

ノロウイルスやロタウイルスは、嘔吐物から飛散して周囲の人に感染を広げていきます。
幼児が嘔吐したときには、二次感染を防ぐために嘔吐物の処理方法にも気を使わなければならないのです。

二次感染を防ぐための嘔吐物の処理方法

準備:使い捨てマスクや使い捨て手袋を着用する。

  1. ウイルス飛散防止のため、嘔吐物に新聞紙をかける。
  2. ハイターを50倍~100倍に希釈して、新聞紙の上から振りかける。
  3. ハイターが浸透するまで15分~20分ほど放置しておく。
  4. 新聞紙で嘔吐物を包み込むようにして丸め、ゴミ袋に入れる。
  5. 嘔吐物を取り除いたら、ハイター液に浸したぞうきんで拭き取る。
    ただし、ウイルスを撒き散らさないように一度拭いた面はもう使わないように心掛ける。
  6. 綺麗に拭き取ったら、ぞうきんをゴミ袋に入れて口をしっかり縛る。
    袋の中の空気を抜くとウイルスが出てきてしまうので、空気は入ったままで構いません。

Sponsored Link