Sponsored Link

メラニンといえば、多くの方が連想するのは、肌の日焼けかもしれません。

しかし、メラニン色素は肌色だけでなく、髪の毛の色や目の虹彩の色もメラニン色素によるものです。

メラニン

また、メラニン色素が集まってできたものがほくろ(黒子)で、メラニンの代謝が崩れることにより、色素が沈着したものがシミやソバカスです。

メラニンは体の中で合成、厳密には、皮膚は皮膚下層、毛髪は毛母にあるメラノサイトで生成され、目の色素は網膜色素上皮細胞で生成されます。

なぜメラニンが必要なの?

太陽の紫外線はDNAを傷つけるため、紫外線から肌等を守るために、体がメラニンを生成し、紫外線を吸収するのです。

メラニン色素を減らす(抑える)方法?

日焼けをするのが嫌で、日焼け止めを塗る女性は多いでしょう。

日焼け止めにはもちろん効果はあるのですが、実は、肌をすべて覆っていても日焼けはしてしまうのです。

その原因は、、、

「目」なんです。

目

目から紫外線が入ると、脳がメラニンを生産するように指令を出します。

つまり、目から紫外線を入らないようにすることがメラニン色素を減らす(抑える)方法でもあるのです。

つまりは、サングラスをかけるということです。
もちろん、目そのものを紫外線から守ることもできますしね。

最近は

  • メラニンサングラス
  • メラニングラス
  • メラニンレンズ

と呼ばれるレンズまで登場していますね。

Sponsored Link

また、メラニン色素はチロシン等の物質が最終的に酸化することで黒褐色になります。
その酸化活性を抑えると同時に、色素を薄くする還元作用があるビタミンCを摂取することが色素沈着の予防、シミ・ソバカスの予防にもなります。

メラニンはあなたの体を守ってくれるものです。
そのことを念頭に置き、美肌対策をするようにしましょう!

Sponsored Link