Sponsored Link

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、視界に蚊のような、虫のようなものが飛んでいるように見えたり、ふわふわ浮いているように見えたりする症状です。

飛蚊症

視界や目に黒い点や影が見えると表現されたり、ほこりや糸くずのように見えたり、が動いているように見えたり、アメーバ状であったり、微生物のミジンコ
のように見えたりもします。

比較される症状としては、青空を見た時細かいシャボン玉のようなものが大量に見えるブルーフィールド内視現象があります。
これは、目の中の白血球が見えているもので、飛蚊症とは異なります。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、目の内部を満たしている硝子体の濁りが見えることによるものです。

目の焦点・ピントが近くにあっている近視の方によく見られます。
それまで意識したことがなく、見えなかった方でも、近くを見るイメージで曇り空を見たり、白い壁を見て、目を動かしたりすると飛蚊が見えることがあります。

目

多くの場合は、生理的飛蚊症と言われ、病気ではなく、生まれつきであったり、老化による硝子体の混濁が原因です。
神経質な方にもよく見えると言われます。

その他の飛蚊症の原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)という、これも病気ではなく、加齢に伴う症状であることが多くなります。

病気に含められるものとしては、網膜裂孔(もうまくれっこう)や網膜剥離(もうまくはくり)があげられます。

Sponsored Link

飛蚊症の多くは加齢によるもので心配はいらないのですが、上記のように一部には病的な場合がありますので、

急に飛蚊の数が増えたり、突然見えるようになったり、数が多かったり、暗闇でも飛蚊が見える方は眼科の病院を受診しましょう。

飛蚊症の治療方法

飛蚊症の治療方法は硝子体の手術による切除や、レーザーによる治療が言われることがありますが、効果てき面ではなく、リスクも高いので、

実質的には飛蚊症の治療方法は無いに等しいです。

もちろん、効果的な目薬や、ルテインやブルーベリーなどのサプリメントもありません。

ただし、目薬は目の疲れをとったり、眼筋をやわらげたりする効果があったり、ルテインやブルーベリーは高い抗酸化力があり、目そのものに対して良い効果が認められています。

最も有名なサプリメントはこれですね!

私は目の老化防止にルテインやブルーベリーのサプリメントは愛飲しております。

 

Sponsored Link