Sponsored Link

電磁波は体に害がある、健康に悪い、発がん性がある、などと色々なことを耳にすると思います。

電磁波

確かに上記の内容は正しいと言えます。
なぜなら、電磁波とは

  • ガンマ線
  • X線
  • 紫外線
  • 可視光線
  • 赤外線
  • 電波

のことを言うからです。

一般的に電磁波とはパソコンの電波や携帯電話の電波のことだと思っている方も多いと思いますがそれだけではありません。

ちなみに、上記の電磁波は上から波長の短い順に並んでいます。

波長とは電磁波の波の長さのことですが、あまり深く考えずなんとなくのイメージを持っていただければ結構です。

ガンマ線やX線は放射線と言われ、X線はレントゲンに使用されているためよくご存知かと思います。

紫外線についても、日焼けの原因となる太陽光のイメージがあると思います。
しかし、実際目に見えている太陽光は可視光線であり、紫外線は目に見えない
不可視光線の電磁波です。

これら三つの電磁波はすべて発がん性があります。もちろんガンマ線、X線は通常の生活をしていれば浴び続けるということはありませんが、紫外線はオゾン層の破壊によって降り注ぐ量が近年増えていますので注意しましょう。

携帯電話、スマホと電磁波

基本的には電磁波は波長が短いほど健康には害があると言えます。

携帯 スマホ 電磁波

前述三つの発がん性のある電磁波の次に波長が短いのが可視光線、赤外線と続くわけですが、携帯電話やスマホの電波はさらに波長が長い電磁波で、健康への害を及ぼすという科学的根拠はありません。

Sponsored Link

携帯電話が体に悪いのであれば、医療や治療に使用されている赤外線はより体に悪いことになってしまいます。

しかし、電波と呼ばれる領域の電磁波においても熱作用や刺激作用は認められ、現段階においても研究が続けられている分野でもありますので、全く害はないと断言するには時期尚早です。

少なくとも携帯やスマホなどの電波は人体へのストレスにはなりうる部分ですので、自己責任のもと、健康リスクについては配慮しておきましょう。

電磁波と赤ちゃん・赤ん坊・胎児

いくら電磁波が体に悪影響を及ぼす科学的根拠はないといっても、熱作用や刺激作用は少なくともあるわけで、胎児や赤ちゃんにはあまり近くで電磁波
を浴びさせるのは、、、というところですね。

そこでよくあるのは電磁波エプロンなどの電磁波防止・予防グッズですが、電磁波は回り込みをするので、前だけ防ぐエプロンは意味がありません。

全身を覆えば完璧なのですが、それでは呼吸ができませんね。もし、購入するのであれば、できるだけ全体カバー型のものを購入しましょう。

Sponsored Link