Sponsored Link

口内炎は口の中に炎症ができる症状です。口内炎が重い病気のシグナルになることもあるのですが、一般的にはストレスなどで免疫機能が落ちている時や、口の中を噛んでしまった後にできることが多いです。しかし、口内炎がひどくなるとご飯を食べるときや喋るときに非常に辛く、ひどいときには口で息を吸うだけでも非常に辛くなる時もあります。

このやっかいな口内炎について、原因や家庭での治療法について解説をします。

口内炎の種類

口内炎の種類には

  • アフタ性口内炎
  • カタル性口内炎
  • ウイルス性口内炎・ヘルペス性口内炎
  • カンジダ性口内炎

などがありますが、アフタ性口内炎以外については、原因がはっきりしているものですので、内科や耳鼻咽喉科を受診することで、その原因となるものを取り除くことで治療ができます。
もちろん、症状が激しい場合や、口全体に炎症がある場合は迷わずに病院へ行きましょう。

口内炎

アフタ性口内炎は最も一般的な口内炎周囲が赤く中が白っぽい口腔内の潰瘍で、中央部が窪んでいる、舌で触るとプクッとした感触があるできものです。

多かれ少なかれ、誰でも経験したことがあると思われるこのアフタ性口内炎について本日はとりあげたいと思います。

口内炎の原因

アフタ性口内炎の原因については、詳しくは分かっていないのですが、なんらかの原因によって、

口腔内の細菌が繁殖・増殖

することが口内炎の原因となっています。

口の中には普段からたくさんの細菌がいます。
それらの細菌が口の中にできた傷周辺で繁殖・増殖すると、口内炎の炎症が発症します。

たとえ傷ができていなくとも、疲労やストレスによって口腔粘膜の新陳代謝が低下していると、弱った細胞から細菌が増殖しはじめます。

口の中の細菌は、普段は唾液によって常に流されていくのですが、疲労やストレスによって唾液の分泌が減少することで細菌が流れにくく、細菌が増殖しやすい環境ができてしまうと口内炎はできやすくなります。

口内炎を予防するには?

口内炎は何よりもまず、ならないようにすることが大切です。
口内炎を予防するためには

  • ストレスをためない。
  • 疲労をためない。
  • 寝不足にならないよう睡眠は十分にとる。
  • 胃腸の調子を整える。
  • 緑黄色野菜やビタミンBやビタミンCをとる。
  • 口の中を歯磨きやうがいできれいにする。

などなど、健康を維持するために必要な項目がほとんどです。
まずは、これらの健康管理が最も大切ではあるのですが、口内炎になってしまった場合はどのようにして早く治すことができるのでしょうか?

Sponsored Link

口内炎を家庭で早く治す治療方法

できてしまった口内炎は放っておいても数日から10日程度で完治しますが、あのつらい痛みからはできるだけ早く開放されたいですね。

口内炎を治すための塗り薬が市販されていますね。
口内炎の専用薬であるため、とってもよく効きそうな印象があるかもしれませんが、効果はイマイチです。

なぜなら、ステロイド剤の塗り薬の場合、原因となっている細菌を殺すものではなく、免疫機能を抑制することで、炎症を和らげるものなのです。

また、殺菌効果のある塗り薬であっても、その殺菌効果は口内炎の周辺の局所的にとどまります。

以上のことから、やはり口内炎を早く治すためには、原因となっている細菌を退治することと、細菌を増殖させない口内環境を作ることが必要であると分かります。

ではどうするか?

うがいです。

殺菌剤のうがい薬や洗口液による口腔内の洗浄、個人的には、やはりイソジンが細菌に広く殺菌効果があり、効果的です。

ためしてガッテンでは20秒のうがいを3回することで、その殺菌効果は3時間以上持続することが分かっています。

これらのうがいを定期的に続けることで、口内炎は早く治ることが私の経験からも言えます。

実際、イソジンによるうがいを定期的に行っていると歯垢の発生が極めて少なくなります。
これは口腔内の細菌が減っている証拠です。

しかし、だからといってあくまでも薬品であるため、常用はしないようにしましょう。

今回は、口内炎を家庭にあるもので改善する方法を紹介しましたが、口内炎は実は重い病気の前兆であることもあります。
たかが口内炎と侮ることはせずに、治りが悪かったり、悪化していくようでしたらお近くの医療機関で相談した方が良いでしょう。

Sponsored Link