Sponsored Link

 

最近話題のルイボスティー。ペットボトルでも様々な種類が販売されていますね。

健康や美容への効果・効能が期待されるこのお茶についてとりあげたいと思います。

ルイボスティーとは

ルイボスティー

ルイボス茶とも言われ、南アフリカ共和国のマメ科の針葉樹、ルイボスの葉で作られたお茶で、南アフリカの先住民族も、薬茶として飲んでいたほどのお茶です。

ちなみにこのルイボスは南アフリカ共和国のセダルーバーグ山脈一帯にだけ自生しており、それ以外では今のところ栽培できていないというものです。

このルイボスの葉はお茶だけでなく、ルイボスリキュールとしても利用されています。

ルイボスティーの効能・効果

ルイボスティーの効能・効果で強調すべきはやはり抗酸化力です。

こちらのページでも説明しましたが、体内では、つねに老化や万病の原因である活性酸素が作られています。

その活性酸素を除去するのがスーパーオキシドディスムターゼことSOD酵素なんですね。

そのSOD酵素を活性化させる効能・効果がこのルイボスティーにはあるんですね。

つまりは、健康やアンチエイジングなど、体のあらゆる部分において効果・効能があると言えます。

また、ルイボスティーは体に必要なミネラルも含まれ、フラボノイドも含まれています。
また、ノンカフェイン、低タンニンであるため、胃腸にも優しく、赤ちゃんやペットも問題なく飲用することができます。

飲用だけでなく、風呂に茶葉を浮かべることでアトピーなどの皮膚の症状にも効果が期待されます。

Sponsored Link

ルイボスティーに言われている効果・効能は以下のとおりです。

  • アンチエイジング効果
  • 老化防止効果
  • しみ・しわ・そばかすの改善効果
  • ニキビの改善効果
  • アトピー性皮膚炎の改善効果
  • アレルギー改善効果
  • 便秘解消・腸内環境改善効果
  • 体臭軽減効果
  • 二日酔い解消効果
  • 安眠効果
  • 不妊症改善効果
  • その他病気予防効果

ルイボスティーの飲み方

まず、ルイボスティーは薬ではありませんので、飲んですぐ健康への効果・効能というのは期待できません。

飲み続けるということが必要になります。

1日の飲用量の目安はコップに2~3杯以上がよいと言われています。

また、ルイボスティーを煮出す際は、10分以上煮出すことで、フラボノイドなどの成分がより多く抽出され、抗酸化作用も大きくなります。

お茶の香りをイメージすると、少し違うなと思われる方も多いかもしれませんが、甘みがあり、苦味が少なく、飲みやすいお茶には違いありませんので、飲み続けて健康維持やアンチエイジングに努めましょう!

Sponsored Link