Sponsored Link

ほとんどの人が何らかの形で歯茎の腫れを経験したことがあるかと思います。

そのほとんどは歯槽膿漏と呼ばれる歯垢の中の細菌が増殖することにより、歯の周辺に炎症が起こる歯周病です。歯槽膿漏と歯周病には大きな違いはなく、同様の意味で使われることが多いです。

歯茎

しかし、歯茎の「根元」の腫れはほとんどの場合、歯槽膿漏ではなく、歯の根元(歯根)に膿が溜まる歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼ばれるものの可能性が高くなります。

歯茎の根元の腫れ:歯根嚢胞の症状とは

歯茎の根元(歯根)の腫れは歯根嚢胞の代表的な症状となりますが、症状がないこともあり、また、舌の届きにくい歯の根元に腫れができるため気付かないまま長期間経過してしまうということも多いようです。

腫れが小さい場合は、ぽつっとした膨らみがあるだけで、元々の歯茎の形状やリンパなどと自己判断による勘違いをしてしまう場合もあります。

腫れが大きくなってくると、歯茎の痛みや疼きや痺れた感覚によって気づくことが多くなります。また、ストレスや疲れ、寝不足や風邪などにより体力が低下している場合には腫れがより大きくなることがあります。このようになると、腫れが常に存在する状態から、疲労等によりさらに歯茎が腫れ、落ち着いたらまた元の腫れの状態に戻る、ということを繰り返すようになります。

歯茎の根元の腫れ:歯根嚢胞の原因とは

歯根嚢胞の原因は、虫歯が進行して神経まで達した後に放置していた場合や、以前に虫歯を治療したわずかな隙間から細菌が侵入し、歯の神経まで達した後に放置していた場合、神経が死んでいる歯や神経を取った後の歯のわずかな隙間から細菌が歯の内部に侵入した場合などにより、歯の根元に膿が溜まることで発生します。

細菌感染による炎症が体内に広がらないように歯の根元の骨に袋をつくり、膿を閉じ込めようとします。その際に膿の袋(嚢胞)が形成されます。

歯根嚢胞は歯医者でレントゲンを撮ると、根の先に黒い影が映りこみます。

歯茎の根元の腫れ:歯根嚢胞の治療法とは

歯根嚢胞は歯槽膿漏とは異なり、塩で歯茎をマッサージしたり、市販薬を塗ったりすることによる自己治療で治すことはできず、歯科医による治療が不可欠となります。

治療方法は感染根管治療と呼ばれる歯の根の治療を行います。歯の神経の管に細菌が繁殖しているため、神経を丁寧に取り除き、その管を薬で消毒・殺菌をする必要があります。神経の管は人によって様々であるため、神経の取り残しなどの再感染する要素があれば、歯根嚢胞が再発し歯茎の根元の腫れを繰り返すこともあります。

また、感染根管治療でも腫れが治まらない場合は、歯茎を切開して、膿の袋を取り出し、根の先端を削除して薬で消毒・殺菌をする必要がある場合もあります。

Sponsored Link

歯茎の根元が腫れた場合は、根管治療を行っている歯医者で治療を受けましょう。

根管治療時の痛みはどのくらい?

感染根管治療は神経を取り出し、歯の根をほじくりかえすような印象があるため、その治療時の痛みは壮絶なもの?と思われる方も多いかもしれませんが、通常の感染根管治療であれば、すでに神経が細菌感染により死んでしまっていたりするため、痛みはほとんどありません。神経が生きていた場合においても、神経に直接麻酔をすることで、治療時の痛みはあまりなく、神経まで達しない通常の歯科治療との違いは、数種類の振動や違和感を感じる程度の場合が多くなります

しかし、治療器具が歯の根に達した際には、歯の根の神経によるチクッとした感覚があることもあります。また、薬の詰め物による数度以内の殺菌消毒後、最終的に使用するゴムのような薬を詰める際は圧力をかけて歯の根を密封するため、押し込まれる際に根元の痛みや圧迫感を感じます。

根管治療の歯医者の選び方

歯医者の名医を探すためには、ネットの名医サイトを参考にすることも一つの手段ですが、歯科医院の場合は、そのサイトの内容に比例しないことも多く、正確な情報が少ないこともよくあり、また、命に関わらない治療であるため、自宅の近所で治療を受けたい方も多いかと思います。

しかし、自宅の近くで名医をネットの情報だけで見つけるのは非常に難しいことが多くなります。以下の内容を基準に自宅近くの良い歯医者を見つけると良いと思います。

自歯科医院のホームページがあるか

ホームページがあるかどうかは、時代の流れについていこうとしているかが判断することができます。自サイトは営利のための手段であることも多いかと思いますが、時代の流れについていこうとする姿勢は、学会等にも参加をし、最新の治療技術を取り入れる姿勢へもつながります。

サイトで根管治療について明記されいるかどうか

抽象的な表現だけでなく、どのような治療を行っているか、どのような設備を使用しているかどうかを明確に記載している歯医者を選びましょう。レントゲンやCTの設備があることはもちろんですが、根管治療には治療部分の取り残しを無くすため、拡大鏡を利用してくれる歯医者を選びましょう。

設備が新しい歯医者かどうか

実際に歯科医院を見に行ってみて、設備が新しいかどうかを見ることも一つの手段です。歯科の技術は日々進歩しておりますので、人的技術を機械が補ってくれることも多くなっています。人的技術だけが卓越していても、設備が古くては意味がありません。

待ち客が多いということは参考にならない

客待ちが多い=名医とする判断は危険です。営利に捉われ、短時間の予約時間を設定し、多くの予約を入れることが客待ちへとつながり、スケジュール管理ができていない可能性も高くなります。

その結果、客回転を迅速にするため、杜撰な治療が行われたり、症状や治療方針の個別説明についてもまともに行わないなど、「忙しい感」が対応に出たりする歯医者があります。感覚となってしまいますが、そのような場合は別の歯医者に変えたほうが良いかもしれません。

Sponsored Link