Sponsored Link

日々の生活において、太陽光から降り注ぐ紫外線は皮膚ガンや白内障の原因となるだけでなく、活性酸素を発生させることで皮膚だけでなく、全身の疲労へとつなががります。この紫外線を防ぐための商品には様々なものがあります。

サングラス

その中でも、目の老化を防ぐことはもちろん、日焼け防止にもなるサングラス、また、UVカットの機能が無くなることで、より悪影響が出ると言われているサングラスについての知識を深めていきましょう。

サングラスや眼鏡のUVカット(紫外線カット)の効果

紫外線は浴びることでビタミンDを作り出す効果が体には備わっていますが、目については、紫外線は悪影響のみしかありません。

UVカット効果のある眼鏡やサングラスをかけることで、紫外線をカットし、紫外線から目を守る効果がありますので、太陽光の下に長時間いる場合は紫外線カット効果のある眼鏡やサングラスをかけて目を防護しましょう。

紫外線

また、目から入ってくる紫外線によって、脳はメラニン色素をつくる指令を出しますので、紫外線をカットすることで、日焼け防止の効果もあることは有名な話です。

サングラスは色が濃いほど紫外線を防いでくれそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際のところ、サングラスの色の濃さはUVカットの効果と関係はありません。

むしろ、色の濃いサングラスをかけていると虹彩が広がり、瞳孔が開くため、そのサングラスにUVカットの効果が無くなっていれば、サングラスをかけていない状態以上に目に紫外線が入ってきてしまう悪影響があります。

UVカット率(紫外線カット率)と紫外線透過率とは

UVカット率(紫外線カット率)は文字通り紫外線をカットする率で、その数値が大きいほど紫外線をカットする効果が大きいと言えます。UVカット率99%であれば、紫外線を99%カットしてくれる効果があることになります。

また、紫外線透過率は文字通り紫外線を透過する率で、その数値が小さいほど紫外線をカットする効果が大きいと言えます。紫外線透過率が1%であれば、紫外線を99%カットしてくれる効果があることになります。

UV380とUV400の表示の違いは?

眼鏡やサングラスにはこれらの表記がある場合がありますが、UV380はUVカット率90%UV400はUVカット率99%のことを意味します。

眼鏡・サングラス

Sponsored Link

UVカット加工とUVカット素材の違いとは

UVカット加工とは眼鏡やサングラスのレンズの表面にUVカットのコーティングを施されているものとなります。この場合、表面がコーティングされているだけになりますので、日々繰り返される収納時などの摩擦や長期使用による摩耗によってコーティングが剥がれることによって紫外線カットの効果は薄くなってきます。

先述しましたが、UVカットの効果が薄くなってきた色付きのサングラスをかけていると、瞳孔が開きやすいうえに紫外線が入ってきますので、目への悪影響があります。

UVカット素材は眼鏡やサングラスのレンズの素材そのものにUVカットの効果があるものになります。レンズにUVカットの性質が練りこまれているようなイメージが分かりやすいかもしれません。そのため、長期使用によってもUVカット効果は持続すると言われています。

UVカット効果の寿命は?UVカット効果を調べる方法は?

結論から申し上げますと、その使用方法や扱い方によって変わってくるとしか言えません。UVカット加工(コーティング)のものはレンズを下にしてテーブル等に置いたり、裸の状態でカバンにしまったりすることはもってのほかです。

見た目に傷がなくても、細かい摩擦が繰り返されることで、レンズ表面のコーティングは少しずつ剥がれていきますので、日々の扱いを丁寧にするように注意しましょう。

サングラス傷

UVカット素材の眼鏡やサングラスについては、UVカット効果は破損等により使用できなくなる場合を除いてはUVカット効果は持続すると言われていますが、やはり人工物ですので経年劣化は避けられません。しかし、UVカット効果の寿命についてはどこでも明言されていないため、実際のところは分からないというのが現実です。

そのため、定期的に自分の眼鏡やサングラスにUVカット効果が持続しているかどうかを調べたいところです。紫外線は目に見えないため、自分自身でUVカットの効果が残っているかどうかを調べる方法はありません

眼鏡店などの専門店で専門の測定器で確認してもらう手段しか、正しく調べる手段はありませんが、その手段がある店舗もそれほどあるわけではありませんので、各自で問い合わせるしか方法はありません。

UVカットサングラスの値段は安くてもよい?

サングラスは安くてもUVカット効果があるのでしょうか。製品にそれらの表記がある以上、その効果はあるはずですが、やはり100均などの店舗のサングラスは、目という重要な器官に影響を及ぼす製品である以上、個人的にはおすすめできません。

少なくともサングラスであれば、数千円以上のものを選ぶようにすることが無難と言えます。1万円を超えるものであれば、UVカット素材のものも多く、UVカットの持続効果は長くなる可能性が高くなります。少し高価にはなりますが、タレックスなどの老舗のレンズであればより安心感がありますね。

Sponsored Link