Sponsored Link

トマトに含まれる成分であるリコピンが健康に良い効用をもたらすことは、最近ではメディアなどを通じて多くの方がご存知かと思います。

トマト・リコピン

そのリコピンには血糖値改善の効果があることが臨床的にも知られています。トマトを使った料理や製品の中でもリコピンの効果が高く得られるのはズバリ、トマトジュースなのです。

トマトはそのまま食べても、実際には細胞壁の中にリコピンが多く含まれているため、歯ではほとんどの細胞壁を嚙み砕くことができないため、多くが体に吸収されないままとなってしまいます。しかし、トマトジュースにすることで多くの細胞壁が破壊され、リコピンが多く抽出されます。

トマトジュース

また、トマトジュースに利用されるトマトは皮が通常のトマトよりもかなり分厚くなっており、そのリコピンの量は3倍にもなります。

つまり、トマトジュースは健康のためにリコピンを摂取したい場合には最高のトマト製品であると言えます。

カゴメ株式会社のサイトでもトマトジュースの様々な研究結果が報告されています。

トマトジュースは、そのまま飲むのは苦手な方も、オレンジジュースで割って飲んだり、ビールと割ってレッドアイとして飲んだり、コンソメを入れてスープとして飲んだり、カレーに入れて酸味を出したり、トマト鍋にしたり、パスタソースにしたりと本当に様々な摂取の方法があり、万能の食品と言えます。

しかし、血糖値改善、糖尿病予防のために摂取するのであればやはり効果が最も高い方法で体に取り込みたいですね。

Sponsored Link

血糖値改善のためのトマトジュースの飲み方は?~セットで摂る食材と飲むタイミング

トマトジュースは毎日コップ1杯(200cc)飲むことが大切です。ある臨床データではトマトジュースを毎日1年間飲み続けた方が血糖値160から110まで下がったという結果があり、薬による治療とほぼ変わらない効果があるようです。

飲むのに効果的な時間帯は起床後すぐの朝食前が最も体への吸収が良いと言われています。また、トマトジュースにスプーン1杯のオリーブオイルを入れて電子レンジ等で温めて飲むことでリコピンがオリーブオイルの油分に溶け込んでより吸収が良くなるようです。通常にトマトジュースを飲む場合と比べて、体内への吸収率は4.5倍と驚異的な数値となっております。

トマト・オリーブオイル

また、ここでは余談ですが、オリーブオイルにはオレイン酸が含まれ、血中の悪玉コレステロールを低下させたり、抗酸化作用があることで有名な食材ですね。

トマトジュースはとても手軽に安く入手することができ、薬のように副作用の心配がなく、美味しく健康になれる素晴らしい飲み物です。健康な良い生活を送るために、日々の生活に取り入れていってはいかがでしょうか。

◆楽天市場でトマトジュースを探す◆
◆楽天市場でオリーブオイルを探す◆

ご購入の際は、食塩が添加されているものと食塩無添加のものがありますのでご注意ください。飲み物としてご利用される場合は食塩無添加のものを選びましょう。

Sponsored Link