Sponsored Link

シルバーアクセサリーは定期的に手入れしよう

「大切なシルバーアクセサリーがいつのまにか黒ずんでしまった!」という経験はありませんか?
頑丈で経年劣化にも強いシルバーアクセサリーですが、定期的にお手入れをしなければ変色してしまうことがあります。

シルバーアクセ

シルバーアクセサリーが黒く変色する原因は、「硫化」という現象にあります。
空気中に含まれる「硫化水素」という成分が銀と反応し、シルバーアクセサリーの表面を変色させてしまうのです。
また、人間の皮膚に含まれる「硫黄」もシルバーアクセサリーを硫化させる原因となります。

つまり、シルバーアクセサリーの黒ずみは汚れではなく科学反応なので、普通に着用している限りは避ける術がありません。
定期的にお手入れ、メンテナンスをすることでしかシルバーアクセサリーの輝きを保つことはできないのです。

しかしシルバーアクセサリーのお手入れは意外なほどに簡単です。
今回は、初心者でもすぐに覚えられるシルバーアクセサリーのお手入れ、メンテナンス方法をご紹介します。
定期的にお手入れして、大切なシルバーアクセサリーに新品同様のピカピカ、ツヤツヤの輝きを取り戻しましょう。

シルバーアクセサリーをピカピカ、ツヤツヤにする手入れ方法

シルバーアクセサリー

シルバーアクセサリー全体が黒ずんでいるようなら、鍋で煮沸する方法がオススメです。
準備するものは「アルミホイル・塩・水・鍋」の4つだけで、驚くほど簡単に黒ずみが取れます。

Sponsored Link

まずは鍋の底に、少しクシャクシャにシワをつけたアルミホイルを敷きましょう。
アルミホイルが少ないとシルバーアクセサリーが鍋底に落ちてしまうので、アルミホイルは鍋底が見えなくなるくらいしっかりと広げるのがポイントです。

アルミホイルが準備できたら、その上に黒ずんだシルバーアクセサリーを乗せます。
シルバーアクセサリーは、アルミホイルに直接触れさせていることが大切です。

次に水を入れます。
水の量は鍋の大きさによって調整し、シルバーアクセサリー全体が浸るくらいまで入れましょう。

水を入れたら、シルバーアクセサリーに直接塩をかけます。
塩の量は水5に対して1程度で、シルバーアクセサリーに覆いかぶさるように入れるのがポイントです。
ちなみに塩は入れるだけで、かき混ぜる必要はありません。

ここまで準備できたら、あとは鍋を火にかけて沸騰させましょう。
沸騰したところで火を止めて、5分~10分ほど待てばお手入れ完了です。

シルバーアクセサリーを火にかけるというと驚かれるかもしれませんが、これはれっきとした化学反応を利用したお手入れ方法です。
黒ずみの正体である硫化被膜を還元させることで、シルバーアクセサリーの汚れを落とすという仕組みになっています。

光沢が欲しいならシルバークリーナーを使ったお手入れがオススメ

シルバーアクセサリーを鍋で煮てピカピカにするお手入れ方法はとても手軽ですが、ひとつだけ弱点があります。
実はこの方法、シルバーアクセサリーの黒ずみを取るには非常に有効ですが、シルバーアクセサリー特有の光沢を取り戻すことができないのです。

一度黒ずんでしまったシルバーアクセサリーの場合、小キズを取って磨かなければ光沢が戻ってきません。
新品のような光沢を取り戻すためには、黒ずみを取るだけでなく、研磨剤の入った「シルバークリーナー」を使ったお手入れが必要になります。

シルバークリーナーは、雑貨屋などに行けば1000円前後で購入することができます。
どれを選べば良いか迷ったら、細かいスキマも磨けるようにブラシやピンセットが付属している製品を選ぶのがオススメです。

使い方はとてもシンプルです。
ウエスにシルバークリーナーを適量とり、そのまま全体を磨いていきます。
装飾のスキマなどの細かい部分には、付属のブラシを使うと良いでしょう。

シルバークリーナーには硫化防止剤が配合されていることもあり、黒ずみの発生そのものを抑えてくれます。
こうして定期的にシルバークリーナーを使ってお手入れしておけば、大切なシルバーアクセサリーを常にピカピカの状態に保つことが可能です。

Sponsored Link