Sponsored Link

瞬間接着剤が指にくっついた!対処法はある?

ちょっとした小物の修理や模型作りなどに、とっても便利な瞬間接着剤。
接着面に塗ってから乾くまでの時間がほんの数秒で済むので、時間に気を取られずに使用できるのが魅力です。

瞬間接着剤

ただ、瞬間接着剤を使っていると思わぬ場所がくっついてしまうのが難点でもあります。
瞬間接着剤を使ったことがある方なら指に垂れた接着剤がカチコチに固まってしまい、指同士がくっついてしまったという経験があるはずです。
接着までの時間が短いからこそ、ほんの数秒の油断でこのような事態に陥ってしまうのが瞬間接着剤の怖さでもあるのです。

瞬間接着剤で指がくっついてしまったからといって健康被害があるわけではありませんが、やはり気分の良いものではないでしょう。
セメダインなどの強力な瞬間接着剤になると、くっついた指を自力で剥がすだけでも一苦労してしまいます。

そこで今回は、瞬間接着剤が指にくっついてしまったときの正しい対処法をお教えします。
力づくで無理に剥がそうとすれば皮膚ごと剥がれて痛い思いをすることになりますので、落ち着いて以下の方法を試してみてください。

方法その1.お湯のなかで指をも揉みぐす

瞬間接着剤を製造する大手メーカー「セメダイン株式会社」によれば、くっついた指をはがすためには「お湯のなかで指を揉みほぐす」という方法が有効だとしています。

この方法を試すためにはまず、タライなどに40℃程度に温めたお湯を用意しましょう。
次にくっついてしまった指をお湯の中に入れ、ゆっくりと指をこすり合わせるように揉みほぐしていきます。
すると少しづつ指の皮膚がふやけていき、表面の薄い皮膚だけが垢のように剥がれていきます。
このため、接着剤がくっついた面が少しづつ剥がれていくというわけです。

Sponsored Link

皮膚が剥がれるというとちょっと怖い気もしますが、剥がれるのは表面の薄皮だけなのでゆっくりと行えば痛みはありません。
剥がれたあとも指の表面に瞬間接着剤の跡が残る場合がありますが、普通に生活していれば2~3日で皮膚の新陳代謝により元通りになるので安心しましょう。

方法その2.接着剤用の剥がし液を使う

市販の「接着剤用剥がし液」を使って指のくっつきを解除する方法もあります。
くっついてしまった指に剥がし液を数滴たらし、あとは指を揉みほぐして様子を見ていきます。
すぐには剥がれませんが、指を揉みほぐしているうちに少しづつ薬液が浸透し、結着が緩くなっていくはずです。

瞬間接着剤専用の剥がし液があれば一番ですが、無い場合はシール用の剥がし液でもOKです。
シール用の剥がし液でも、指のくっつきを剥がすくらいなら十分に効果を発揮します。
使い方は、接着剤用の剥がし液を使うときと全く同じです。

剥がし液を指に塗る場合は、念のためにパッケージ等を確認し、指に塗っても良い成分かを確認しておきましょう。
大抵は肌に触れても問題の無い成分で出来ているはずですが、もともと人体に塗るために開発された薬液ではないため、肌荒れなどを起こす可能性は十分にあります。
もしも使用中に痛みや痒みを感じたら即座に使用を中止し、流水で綺麗に洗い流すようにしましょう。

方法その3.除光液を使って剥がす

接着剤用の剥がし液が無い場合は、マニキュア等を溶かすための除光液を使うこともできます。
一般的な除光液には「アセトン」という有機化合物が配合されており、アセトンが油脂などの成分を溶かしてくれるので瞬間接着剤を剥がすのにも効果を発揮してくれます。

除光液を使ったことのある方ならご存じだと思いますが、除光液を取り扱う際には注意が必要です。
常温でも高い揮発性を持ち、炎の近くでは引火する恐れもあるため、除光液を使うときには部屋の換気を十分に行うようにしましょう。

また、除光液は手に残った瞬間接着剤の跡を剥がすのにも有効です。
セメダイン株式会社も「手についた接着剤の跡は除光液などを使って剥がしてください」とコメントしています。
あまり使いすぎると肌荒れする可能性があるため、ブラシなどを使って接着剤が付いた部分にだけ除光液を塗っていきましょう。

Sponsored Link