Sponsored Link

兄弟が結婚した場合のご祝儀の相場

結婚のお祝いは、自分と相手との関係性によって相場が変わります。
今回は、結婚するのが自分の兄弟だった場合のお祝いの方法について詳しく解説していきます。

祝儀

基本的に、兄弟が結婚する場合には友人・知人の結婚よりも多めにご祝儀を渡します。
また、お祝い金の相場は「自分の年齢」「自分が独身かどうか」「結婚式に参加するのか」などの条件によっても変化するので注意しましょう。

自分が社会人かつ独身の場合

自分が社会人として働いており、すでに結婚している場合は、5万円~10万円がお祝い金の相場となります。
仕事の都合で結婚式に参加できない場合でも、あらかじめ5万円はご祝い金として渡しておくとよいでしょう。
また、他にも兄弟がいる場合はあらかじめ相談し、兄弟間で金額が合うように調整することもできます。

自分が社会人かつ既婚者の場合

自分が社会人として働いており、かつ結婚している場合には10万円以上がお祝い金の相場となります。
既婚者の場合は夫婦で揃って結婚式に参加するのが基本なので、独身の場合よりもやや相場が高くなります。

自分が学生の場合

中高生の場合は基本的にご祝儀を渡す必要はありません。
大学生や専門学生など、アルバイトなどである程度の収入がある場合は3万円を相場としてご祝儀を支払うのが理想ですが、お金に困っているようなら無理に渡す必要はないでしょう。
結婚式に参加する場合は、親と一緒にお祝い金を渡すという形を取る場合もあります。

Sponsored Link

お金以外の「お祝い品」を贈ることも

結婚のお祝いは現金を渡すのが一般的ですが、場合によってはお金以外の物を「お祝いの品」として渡すこともできます。
あくまでご祝儀として現金を渡した上でお祝い品もプラスするというのが基本ですが、現金を渡さずにお祝いの品だけで済ませるというケースもあります。

現金ではなくお祝いの品を贈るケースとしては、「学生なので現金が工面できない」「本人から欲しい物があると言われた」「ご祝儀は渡したがもう少しお祝いをあげたかった」といった理由が主です。
身近な兄弟の結婚では、お祝いの方法をどうすべきか、何を贈るべきか等、本人や親に相談してみるのもよいでしょう。

お祝いの品を贈る場合は、本人が欲しい物を選ぶのが基本です。
結婚するタイミングで同居を始める場合には「家電製品」、出産間近である場合には「ベビー用品」などが喜ばれます。
また、何らかの原因で結婚式に参加できない場合は、現金の代わりに「カタログギフト」や「商品券・ギフトカード」などを渡すこともあります。

お祝いを渡すタイミングについて

兄弟の結婚の場合、お祝い金は前もって渡すのが基本です。
友人・知人の結婚式に参加する場合は受付でご祝儀を渡しますが、親族の結婚式の場合はご祝儀を本人に直接手渡します。

余裕があれば式の直前に渡しても構いませんが、1ヶ月前~1週間前までには渡しておくのがベターです。
結婚式当日の受付では、すでにお祝いを本人に渡してあるという旨を告げて、記帳だけすればOKです。
ただし、離れた場所に住んでいて結婚式当日まで会えない場合などは、他の人たちと同じように受付で渡しても構いません。

現金ではなくお祝いの品を贈る場合はいつ渡しても構いませんが、本人たちがバタバタしている結婚式の前後は避けるのがよいでしょう。
本人に話を通してあれば直接自宅に送ることもできますが、あくまでお祝いなので自分で持っていくのが基本です。

Sponsored Link