Sponsored Link

ブランドによってランドセルにも特徴があった!

子供が小学校に入学するとき、絶対に欠かせないのがランドセル。
学校によっても文化が違いますが、基本的には1年生から6年生まで毎日のように使う道具です。

ランドセル

 

あまりに安物を買ってしまうと6年以内に壊れてしまうかもしれないし、かといって高級すぎるランドセルに必要性はあるのか…
小学校入学前のお子さんをもつ家庭では、避けては通れない悩み事ですよね。

売り場をざっと見てみると、ランドセルはどれも同じように見えてしまいます。
しかし実は、ランドセルにもブランドによって大きな違いがあるってご存知でしたか?
大人が持つカバンよりも「機能性」を重視するランドセルだけに、その選び方には慎重にならなければなりません。

そこで今回は、ブランドごとのランドセルの特徴について徹底解説したいと思います。
大切な子供たちと6年間も通学を共にするランドセル、この記事を参考にして丁寧に選んであげてくださいね。

ランドセルの人気ブランド一覧

フィットちゃん(株式会社ハシモトBaggage)

「背中にピッタリ♪フィットちゃん♪」のCMソングでもお馴染みのランドセルです。
最大の特徴は背カンに施された「フィットちゃん機構」という独自の作りを採用していることで、これによりランドセルの重量を肩だけでなく背中全体に分散できるようにしています。
通常のランドセルよりも持ちやすいので、子供たちが重い荷物で肩こりを発症するリスクなどを軽減してくれます。
価格によって多少の違いはあるものの、フィットちゃんシリーズを選んでおけばまず失敗するということは無いでしょう。

楽天市場でフィットちゃんを確認する
amazonでフィットちゃんを確認する

天使のはね(セイバン)

国内最大手のランドセルメーカー・セイバンは、数々多くのランドセルブランドを持っています。
なかでも人気があるのが、リズミカルなCMでもお馴染みの「天使のはね」ではないでしょうか。
肩ベルトの付け根に「天使のはね機構」という独自のシステムを採用しており、ランドセルを背負うと肩ベルトの付け根が立ち上がることで子供への負担を軽減します。
持ったときに安定感があるので重みを感じにくく、安全性も高いランドセルだと評判です。

Sponsored Link

楽天市場で天使のはねを確認する
amazonで天使のはねを確認する

ベーシック(萬勇鞄)

他メーカーに比べると知名度は低いものの、良質なランドセルを使わせてあげたいという親御さんに人気なのが「萬勇鞄」のランドセルです。
萬勇鞄はランドセルをイチから丁寧に手作りしている工房で、大手メーカーにも負けない上質なランドセルを作ることで知られています。
人気の「ベーシック」は同じデザインでも人工革や天然牛革を選ぶことができ、非常に丈夫でデザイン性の高いランドセルとなっています。

萬勇鞄ホームページで確認する

イオンのランドセル(イオングループ)

最近ランドセル業界で台頭してきているのがイオンのランドセルです。
価格は3万円台~14万円台まで幅広く、カラーバリエーションや機能性もデザイン毎に異なります。
ランドセル専門ブランドというわけではないのにかなり上質なランドセルを製造していることで、実際に使用した家庭からの評判も上々です。
他のランドセルよりも店頭販売で実物を見やすいというのも高得点ですね。

イオンホームページで確認する

ランドセルの価格相場っていくらくらい?

「フィットちゃん」などで知られる大手ランドセルメーカー・株式会社ハシモトBaggageが公表しているデータによれば、ランドセルの価格帯には2万円~6万円まで幅があります。
しかしその中で最も特に「3万円台」の価格帯のランドセルが人気となっており、次いで「4万円~5万円」がよく売れているとしています。

メーカーによって価格にバラツキのあるランドセルですが、他社のデータを見ても3万円台が人気になっているのは大まかに同じです。
商品によって機能性が異なるのでランドセルには決まった価格相場がありませんが、ランドセルを選ぶときには3万円をひとつの目安にすると良いでしょう。

実際、3万円台のものを選べばそうそう粗悪品はないはずです。
大手メーカーが開発した3万円台のランドセルは作りもしっかりしていますし、そう重くもありません。
2万円以下の商品が必ずしも悪いというわけではありませんが、安いランドセルの購入を検討するときは頑丈さや重さなどをしっかりとチェックしておきましょう。
これから子供たちが6年間も使う道具なので、最初に妥協しないようにしてあげてくださいね。

Sponsored Link