Sponsored Link

自転車

自転車に乗れるようになる年齢には個人差がある!

自転車は、一度乗れるようになってしまえば一生乗れるようになるものです。
数年間のブランクがあったとしても、自転車に乗っていた経験のある方ならほんの数分でコツを取り戻すことができます。
自転車に乗れるというスキルは一生ものなので、子供のうちにしっかり補助輪なしで自転車に乗れるようになっておきたいものです。

しかし、補助輪なしで自転車に乗れるようになるまでの期間には個人差があります。
早い子なら3~4歳くらいで乗れるようになりますが、小学校中学年くらいになっても自転車に乗れない子も珍しくありません。
もしも周囲の子供たちの中で自分の子供だけが自転車に乗れなくても、決して悪いことではないので無理強いはしなくて良いでしょう。

平均的には、5~6歳くらいで補助輪なしの自転車に乗れるようになる子が多いと言われています。
このくらいの年齢になると自転車のコツや乗り方を自然と覚えやすくなるので、親御さんが練習に付き合ってあげれば数日の練習で乗れるようになります。

 

小学生くらいまでに乗れるように練習しよう

自転車に乗れるようになる年齢には個人差がありますが「小学校入学までに乗れるようになる」というのがひとつの目安です。
5~6歳くらいから自転車の練習を始める子も多いですし、保育園や幼稚園で周囲の子たちに刺激されて自発的に練習を始める子も増えてきます。

また、小学生になると自転車で遊びに行く子供たちが多くなるので、自転車に乗れると何かと便利です。
特に男の子の場合は自転車で遠出する機会が増えるので、補助輪なしで自転車に乗れないと友達と遊ぶのも苦労しかねません。

Sponsored Link

ただ、自転車は基本的に本人のやる気が無ければ乗れるようになりません。
親御さんだけが張り切って指導しても自転車嫌いになってしまうだけなので、子供のやる気を尊重してあげましょう。
小学校に入学するまでの期間で、子供が自転車に興味を持ったタイミングを見計らって練習を始めてあげるのが一番オススメです。

 

自転車の練習は段階を踏んで行おう

自転車の練習は、段階を踏んで行うことが何より大切です。
子供をいきなり補助輪なしの自転車に乗せる親御さんもいますが、これはあまりオススメできない方法です。
初めて自転車に乗る子供はまずペダルの漕ぎ方が分かっていませんので、最初は補助輪つきの自転車に乗せて慣らしてあげるのも大切な工程なのです。

補助輪つきの自転車を漕げるようになったら、次は親御さんが補助しながら走らせてあげましょう。
自転車の後ろをしっかりと押さえ、補助輪を外した自転車を漕がせてあげる段階です。

最初はガッツリ掴んでいないと走れないと思いますが、徐々にサポートなしでもバランスがとれるようになっていきます。
上手くバランスが取れているようならちゃんと褒めてあげることも、子供のやる気を継続させることに繋がります。
逆に、子供がやる気を無くしているようならとっとと練習を切り上げてしまうことも、自転車を嫌いにさせないために大切です。

後ろを掴んだ状態で走れるようになったら、今度は親御さんが自転車の前を走ってあげてください。
軽くジョギングする親御さんの後ろから、子供が自転車で追いかけてくるような構図です。
自転車はスピードを出すほど安定するものなので、親御さんについていこうと必死にスピードを出していると自然に走れるようになります。

ここまでできれば、あとは自然に上達していくことでしょう。
いきなり補助輪を外すのではなく、バランスを取るための練習を少しづつ積み重ねていくことが大切ですよ!

Sponsored Link