Sponsored Link

速読ができれば、読書だけでなく勉強や仕事など様々な環境で非常に役に立ちます。

勉強においては、あらゆる科目において、読むことは必要になりますし、試験や仕事においてもそれは同じです。

速読

つまり、他人の5倍のスピードで速読ができれば、それだけ勉強や仕事が早く片付くということなのです。

さらに読書においては、様々な情報や他人の思考、経験を吸収することができますので、本を読めば読むほど人間としての幅は広がります。

人の上に立つ成功者のほとんどは必ずといっていいほど読書をします。

速読ができれば、様々な可能性が広がっていくというわけですね。

速読を短期間で身につける!1日たった15分の速読訓練でかるく2~3倍のスピードに

速読の方法

速読の方法は斜め読み

と思われている方もいるかもしれませんが、それは本当に卓越した速読者が集中して呼んだ場合(1冊5分など)の話です。

速読2

これから速読の練習を始める方は

まずは、1行ずつ視読すること

を心がけましょう。
視読することとは、いわゆる目で読むということです。

目で読む場合に障壁となるものは、「頭の中での音声化」です。

音声化をするとどうしても読むスピードが遅くなります。音声化をしないことが速読への近道なのですが、この音声化から逃れるのは至難の業なのです。

Sponsored Link

なぜなら、人間は最初の読書を音読から始められます。
子供の頃に音読をスタートとして、日常の会話など、いたるところの生活に音声がかかわっています。

つまり、脳が音声をベースに理解するメカニズムが長年の生活によって潜在意識下に刷り込まれているのです。

だから、最初は音声化してしまうのはやむを得ないのですが、徐々にそれを無くすように心がけましょう。

練習に使う本はできれば、読みなれた簡単なものが良いです。
内容は知っていると思いますので、読むというよりも、「目で見る」イメージで本を読み進める訓練を行います。

最初から難しい本や読んだことのない本では、目だけで追うと、理解ができないため、無意識のうちに音声化を行ってしまいます。

だから、簡単な内容や読みなれた本を目で追うことを繰り返すことで、音声化をせずに速読を行う、なおかつ内容を理解するというしくみを訓練によって脳に刷り込んで行くのです。

それに慣れれば、読みなれた文章から初めて読む文章へと対象を移し、内容についても簡単なものから難しいものへと変えて行きます。

次に、一回で目に入れる文字の数を少しずつ多くしていきます。1行を「3つの塊」として、「パッ、パッ、パッ」と見るように練習し、

それができるようになれば、1行を「2つの塊」として見るように練習をして行きます。

そのように少しずつ速読の訓練を続けていきましょう。まずは、1分間に1500文字から2000文字を目標にして、徐々に増やして行くようにしましょう。

速読教室や講座に通わなくとも、無料で少しずつ独学でトレーニングすることができるものですので、これを機にあなたも速読の訓練をはじめてみてはいかがでしょうか?

本当に世界が変わりますよ!

速読を短期間で身につける!1日たった15分の速読訓練でかるく2~3倍のスピードに

Sponsored Link