Sponsored Link

電子レンジの取り扱いには要注意!

冷えてしまった食材を簡単に温め直すことができる便利な電子レンジですが、その取扱いには十分注意しなければなりません。
電子レンジの取り扱い方を間違えたために火災が引き起こされた例がいくつも報告されているからです。
電子レンジ
食材の中には、電子レンジで温めることに向いていないものがあります。
電子レンジは電磁波を使って食材を急激に温めるため、急速な加熱に耐えられず爆発したり、有害な成分を発生させる食材があるのです。
急速加熱に弱い食材を電子レンジで加熱してしまった場合、思わぬ怪我や災害に繋がってしまいかねません。

そこで今回は、電子レンジで加熱してはいけない食材をご紹介します。
特に小さなお子さんには、誤ってこれらの食材を電子レンジに入れないようしっかりと教えてあげましょう。

生卵・ゆで卵

生卵

電子レンジで加熱すると最も危険な反応を起こすのが「生卵」です。
生卵を電子レンジで加熱すると、大きな音を立てて水蒸気爆発を起こしてしまいます。
「生卵が爆発したくらいどうってこと無い」などと思うなかれ、その威力は電子レンジの扉を破壊してしまうほどなのです。
もしも生卵の爆発に巻き込まれたら、吹き飛んだレンジの部品で怪我をしたり、高熱の水蒸気で火傷を負うことは免れないでしょう。

電子レンジは、電磁波を利用することで食材の内部から温度を上げる仕組みを使っています。
この仕組みでも普通の食材なら全く問題はないのですが、厚い殻に覆われた生卵の場合、電磁波で温められた内部の水蒸気が逃げ道を失い、最終的に爆発に至ります。

また、ゆで卵も同様の理由で爆発します。
電磁波に温められた黄身が水蒸気を発し、それを白身が逃がさないために爆発するのです。
ゆで卵の場合は電子レンジ庫内で爆発するよりも、加熱し終えて手に持った途端に爆発することが多いため、火傷する危険性が高くなります。

生卵とゆで卵は電子レンジと相性が悪い食材として最も有名なものですが、未だに卵を温めようとして爆発事故に至るケースは少なくありません。
料理が苦手な方が「電子レンジに生卵を入れるとゆで卵ができる」と勘違いして起こるケースも多いようですが、電子レンジでゆで卵は作れません。
危険なので、絶対に生卵やゆで卵を電子レンジで加熱しないようにしましょう。

アルミホイル

アルミホイル

Sponsored Link

アルミホイルは、電子レンジで加熱すると発火します。
たとえ少量であっても、アルミホイル素材のものを電子レンジに入れてはいけません。
しかしアルミホイルは、冷凍食品のパッケージなどによく使用されているため、冷凍食品をパッケージごと温めようとした人によってアルミホイルの発火事故が起きてしまうのです。

電子レンジで加熱したアルミホイルは、大きく燃え上がります。
食材が焦げるといったような小さな炎ではなく、電子レンジを丸ごと焼き尽くすほどの炎をあげることも珍しくありません。
早急に鎮火しなければそのまま自宅に火が燃え移る可能性もあるほどに危険です。

冷凍食品は、必ず皿に移してから温めるようにしましょう。
最近では「袋のまま電子レンジで加熱できます」と表記されている冷凍食品も増えてきていますが、そうした製品のパッケージには電磁波による加熱にも耐えうる耐熱素材が使われています。
アルミホイル素材の冷凍食品とは全く別物なので、冷凍食品なら何でも電子レンジで袋ごと温められると勘違いしないようにしましょう。

ブドウ

ぶどう

ブドウを電子レンジで加熱すると、プラズマが発生することがあります。
ある一定の条件を満たした場合の現象ではありますが、偶然に条件を満たしてしまうと火災に繋がるため、ブドウを電子レンジで温めるのは避けた方が無難です。
ちなみにブドウが電子レンジでプラズマを発生させる条件とは、「少し皮を繋げたまま半分に切ったブドウを加熱する」というものです。

この状態のブドウを加熱すると、ブドウの皮部分がフィラメント代わりになり、高周波の電流が生じやすくなります。
皮の部分からは目に見えるほど強いプラズマの光が見え、そのまま放置していると発火する恐れもあるのです。

ブドウを電子レンジに入れる機会はそうないかと思いますが、フルーツタルトを温め直すときなどは同様の現象が起こり得るので注意しておいたほうがよいでしょう。

唐辛子

唐辛子

唐辛子を電子レンジに入れるのはやめておいた方が無難です。
他の食材と違って爆発するわけではありませんが、人体に有害な水蒸気を発生させる可能性が高いからです。

唐辛子には、目に見えないほど小さな辛み成分がぎっしりと詰まっています。
電子レンジで加熱すると辛み成分が水蒸気の中に溶けだし、電子レンジを開けると刺激的な水蒸気が部屋中に舞います。
つまり、空気中に唐辛子の成分が溶けだしてしまうことになるのです。

少量であれば目やノドに痛みを感じる程度で済みますが、唐辛子の量が多いと失明の恐れもあります。
これは唐辛子を直接加熱した場合だけでなく、唐辛子を多く含んだ激辛料理を加熱したときにも起こり得る現象なので注意しましょう。

Sponsored Link