Sponsored Link

ちゃんと靴のニオイケアしてますか?

靴のお手入れは、靴の外側をピカピカに磨けばOKというわけではありません。
清潔感のある身だしなみを保つためには、「靴のニオイケア」こそが大切なお手入れです。
靴のにおい
靴は放置しておくとすぐに臭くなります。
自分の靴のニオイというものはなかなか気づきにくいものですが、得てしてお手入れしていない靴は他人から「クサい」と感じられるものです。
履きっぱなしの間はまだマシですが、飲み会で座敷席に座る事になったりすれば、靴がクサい人はすぐにバレてしまいます。

そもそもなぜ靴がクサくなるのかというと、靴の中には雑菌が発生しやすい環境が整っているためです。
靴の中の温度や湿度は雑菌の繁殖に適した状態に保たれやすいだけでなく、雑菌のエサとなる汗や皮脂が豊富に発生します。
まさに、靴の中は雑菌たちにとっての楽園のような場所なのです。

クサくなった靴はそれ自体が臭っているのではなく、靴の中で繁殖した雑菌が嫌なニオイを発生させています。
つまり発生した雑菌さえ除去することが出来れば、靴のニオイを改善することは可能です。

10円玉を使ったニオイケア

昔から、靴の中に10円玉を入れておくとニオイが取れるという話がありました。
実はこれ単なる民間伝承ではなく、化学的にちゃんとした裏付けがある方法なんです。

10円玉は銅で出来ているため、目には見えない「銅イオン」を発生させています。
銅イオンは殺菌効果に優れており、微量でも雑菌の発生を阻害することがわかっています。
靴の中に発生した雑菌程度なら、数枚の10円玉を入れておくだけで十分な効果を発揮するのです。

Sponsored Link

もちろん、発生する銅イオンはごく少量なので人体には全く影響はありません。
銅で出来た物であれば10円玉でなくても殺菌効果を期待できますが、一般的な銅製品としては10円玉が最も手軽に手に入るのでオススメです。

重曹を使ったニオイケア

最近ではスーパーなどでも簡単に手に入る重曹。
200グラム100円程度で買えてお手軽ですが、靴のニオイ消しにも高い効果を発揮してくれます。

重曹は「弱アルカリ性」なので、酸性の成分を中和する働きがあります。
主に「汗臭い」と言われるニオイの原因は酸性なので、重曹を入れておくことでニオイごと中和してくれるというわけです。

重曹でニオイ消しをする方法はとても簡単です。
ストッキングや靴下の中に重曹を詰め、そのまま靴に入れて保管すればOKです。
速攻性はありませんが、毎日こうして置いておくと徐々にニオイが減っていきます。

ただし、重曹そのものに殺菌効果はないということに留意してください。
重曹を使っても雑菌の量が減るわけではないので、他の方法と併用して試すことをオススメします。

ミョウバンを使ったニオイケア

重曹に比べると手に入れにくいのですが、「ミョウバン」を使う方法も靴のニオイ消しに効果的です。
ミョウバンはあまりスーパーには置いていませんが、薬局などで手に入れることができます。
値段はリーズナブルで、500グラム350円ほどで販売されています。

ミョウバンは古代ローマ時代から、人々の体臭ケアに使われてきた成分です。
現代においても、市販の防臭スプレーの成分にはミョウバンが使用されているほどです。

靴のニオイケアに使う場合は、ミョウバンを水道水で溶かした「ミョウバン水」を作ります。
1.5リットルのペットボトルにミョウバン50グラムを入れ、ペットボトル一杯まで水道水を入れて一晩おけばミョウバン水の完成です。

ミョウバン水は殺菌効果が高いため、少量をスプレーするだけでも充分に効果を期待できます。
靴の中にミョウバン水をスプレーしたあとは、湿気がこもらないよう靴を乾かしてあげるのも大切です。

Sponsored Link