Sponsored Link

引っ越すために必要な敷金・礼金ってなに?

新しい家に引っ越そうと物件を探していると、必ず目につくのが「敷金・礼金」という言葉です。
敷金・礼金は家賃とは別に設定されており、物件によっては敷金・礼金の金額だけで10万円をこえることも珍しくありません。
敷金・礼金
引っ越しとは切っても切り離せない関係の敷金・礼金ですが、あなたはその意味をちゃんと理解できていますか?
「引っ越すときに支払う金額」ということはなんとなく理解していても、なぜ敷金・礼金を支払う必要があるのかを知らずに払ってはいませんか?
金額が大きいだけに、そのお金が一体何に使われるものなのかを知らなければ思わぬ損をしてしまうかもしれません。

そこで今回は、敷金・礼金の意味とその役割について詳しく解説していきます。
これから引っ越しを考えているという方は、物件を探す前に是非ご一読ください。

敷金は「保証金」のこと

敷金とは、不動産契約において借主が貸主に預けるお金です。
例えばアパートを借りる場合、家を借りたい人が大家さんに対して払うお金のことを敷金と言います。
敷金という呼び方は関東を中心に使われているもので、関西では「保証金」という呼ばれ方をすることもあります。

ざっくり言えば、敷金は「何かあったときのために預けるお金」です。
家賃を滞納してしまったり、家の設備を壊してしまったときなどは敷金から損害費が補填されます。
また、借主が退去するときには、次にその物件を借りる方のためにハウスクリーニングが行われますが、そのクリーニング代が敷金から支払われます。

敷金は一般的に、その物件を退去するときに返却されます。
実は敷金は大家さんに「支払ったお金」ではなく「預けたお金」なので、物件を借りている間に何の問題も起こさなければ返してもらえるのです。
ただし全額ではなく、部屋のクリーニング代や壊れた設備の修繕費などが引かれ、残った金額が返ってきます。
逆に、家賃の滞納が多かったり、敷金では修理費を賄えないほど家を傷つけてしまった場合などは、後から追加請求されることもあるので注意しましょう。

敷金の金額は物件によって異なりますが、相場は家賃の2ヶ月分とされています。
家賃7万円の物件を借りるためには、14万円の敷金がかかることが多いということです。
ただし敷金の上限額を定めた法律はないため、物件によってはさらに高額な敷金を設定している場合もあります。

Sponsored Link

礼金は「謝礼金」のこと

礼金とは、不動産契約に置いて借主が貸主に支払うお金です。
名前からも察しがつくと思いますが、大家さんに対して支払う「謝礼金」ということになります。

物件を貸してくれたことに対するお礼として支払う金額なので、礼金は敷金とは違って1円たりとも返ってきません。
礼金はもともと関東で始まった文化で、一昔前までは関西の物件に礼金を支払うという文化はありませんでしたが、最近では関西にも礼金のシステムを取り入れた物件が多くなってきています。

敷金と同じく物件によって礼金の金額は異なりますが、相場は家賃の2ヶ月分となっています。
お礼で支払うお金とはいえ、礼金の金額は自分で決められるわけではなく、物件の所有者によって設定されているので注意しましょう。

また、勘違いされることがありますが礼金は不動産会社に対して支払うお金ではないということにも注意が必要です。
礼金を受け取るのは物件を所有している大家さんであって、その物件を紹介してくれた不動産会社に支払うのは「仲介手数料」となります。
基本的に礼金と仲介手数料は全くの別物なので、どちらか一方ではなく両方を支払わなければならないということに留意しましょう。

敷金・礼金無しの物件について

最近多くなってきているのが「敷金・礼金ナシ」という物件です。
また「敷金ナシ」や「礼金ナシ」のように、どちらかだけが無料になっている物件も多いです。
初期費用が全くかからないということで、敷金・礼金なしの物件はお金の無い一人暮らしの層などに人気となっています。

ただし、敷金・礼金を設定していない物件にはデメリットもあるため、入居には注意が必要です。
確かに安く入居することは可能ですが、詳しい契約内容を知らずに入居するとトータルで損をしてしまうこともあるのです。

そもそもなぜ敷金・礼金を無料にする必要があるのかといえば、それは「あまり人気の無い物件だから」という理由が少なからずあります。
老朽化が進んでいる物件だから、騒音が酷い地域だから…など、なんらかの原因で人が住み着きにくい物件は敷金・礼金が無料になるケースが多いのです。

また、敷金・礼金の代わりに思わぬ費用がかかる場合もあります。
契約書をよくよく読んでみると「メンテナンス料」「退去一時金」といった名目で費用が加算されている場合があるのです。
名称こそ違いますが、役割としてはほとんど敷金と同じようなものなので、結局はお金を取られてしまいます。

敷金・礼金なしの物件の全てが悪いというわけではありませんが、このような落とし穴が隠れているのも事実です。
物件を借りるときは、必ず契約書をよく読んで、思わぬ契約内容が紛れ込んでいないかを確認しましょう。

Sponsored Link