Sponsored Link

夏場に生ゴミを出し忘れたら大変なことに…

ほとんどの自治体には、週に2~3回のペースで可燃ゴミの回収日が設けられています。
日常生活を送っていれば「生ゴミ」はどうしても出てしまうものですが、溜まった生ゴミは週に数回の可燃ゴミの日に処理してもらうことが出来るので安心です。
家の前までゴミ収集業者が来てくれるというシステムのおかげで、日本の家庭は綺麗に保たれています。

生ごみ

しかし誰でも一度は、ゴミの収集日に生ゴミを出し忘れてしまったという経験があるでしょう。
燃えないゴミやペットボトル類ならまだしも、生ゴミを出し忘れてしまうのが一番最悪です。
放置しておけば生ゴミが腐敗していき、嫌なニオイが家中に広がってしまいます。

夏場に生ゴミを出し忘れた場合、状況はさらに悪化します。
生ゴミにはほんの数日でコバエの群れがわき、そこらじゅうがウジ虫だらけになってしまうなんて悲劇も…

こうした事態を防止するため、収集日に出し忘れてしまった生ゴミには「ニオイ対策」や「害虫対策」を行いましょう。
あくまで次の収集日までの応急処置にすぎませんが、対策しておくのと放置するのとでは、結果が大きく変わってきますよ。

虫が発生しないようしっかりと結んでおく

出し忘れた生ゴミには、ほんの数日でコバエが発生します。
コバエという虫は本当にいつの間にか家に住み着くもので、放っておけばどんどん繁殖していきます。

コバエは開け放った窓や玄関から堂々と侵入してくることもありますが、ほとんど家を密閉した状態でも一定数は侵入してきます。
どこから発生しているのか不思議に思われるかもしれませんが、実は「食べ物の表面」にコバエの卵が付着していることがあるのです。
特に、生卵の殻にはコバエの卵がよく付着していることがわかっています。

冷蔵庫に入れている状態ではコバエも孵化しませんが、生卵の殻を三角コーナーやゴミ箱に放置しておくといずれ孵化して繁殖を始めます。
コバエの繁殖スピードはとても早く、卵からはだいたい3日もあれば孵化することがわかっています。
さらに10日もあれば成虫になり、また新しいコバエの卵を産み始めます。
ここまでくると、収集がつかないほど家中がコバエだらけになってしまうでしょう。

Sponsored Link

こうした事態を防ぐために、出し忘れた生ゴミの袋は徹底的に結んでおきましょう。
少しでもスキマがあればコバエはそこから這い出してくるので、少しの穴も開かないようにしっかりと袋の口を閉じます。
できれば、袋は二重にしておいたほうが良いでしょう。

生ゴミにコバエが発生することを防ぐためには、虫よけスプレーを使うのも有効です。
薬局などで販売されているコバエ専用の虫よけスプレーをゴミ箱に直接噴射すると、ハエの発生を各段に押さえることができます。

外で保管するのは逆効果!

家の中で生ゴミを保管しておくとニオイが出てしまうので、一時的に庭やベランダで生ゴミを保管しようと考える方もいるでしょう。
確かに外に出しておけばニオイを遠ざけることは可能ですが、場合によっては更なる悲劇を生んでしまうことがあるので注意しましょう。

生ゴミを外に出しておくと、まず間違いなくハエが寄ってきます。
家の中に置いておく分にはコバエの発生で済みましたが、外ではもっと大きなサイズのハエがたかることになるのです。
ハエは生ゴミに卵を産み付けるため、次のゴミ収集日に生ゴミを確認してみると一面ビッシリ巨大なウジ虫だらけ…なんてことになりかねません。

また、外に置いておくとネコやカラスが寄ってくることもあります。
動物の場合、ハエとは違って袋ごとビリビリに破いてしまうのでよりタチが悪いです。
気が付いたら庭じゅうに生ゴミが散乱していたということになれば、片づけも一苦労です。

他にも、太陽光で温められた生ゴミが強い悪臭を放ち、近隣の家に迷惑をかけてしまう恐れなどがあります。
臭い生ゴミを外に出して遠ざけたい気持ちは分かりますが、状況が悪化するだけなので我慢して自宅で保管しましょう。

処理業者に直接持ち込むという方法も

生ゴミのニオイに我慢できなくなった場合、いっそのこと直接処理業者に持ち込むという手もあります。
どこの地域にも必ずゴミ収集車が最終的にゴミを運ぶゴミ処理場があるはずなので、出し忘れた生ゴミを持っていって処理してもらいましょう。

ただし、処理業者によっては一般の持ち込みを受け入れていない場合もあります。
処理できるゴミの種類も処理場によって異なるため、自分の住む自治体で生ゴミの処理を請け負ってくれるのか確認してから持っていきましょう。

ちなみに、処理業者に直接ゴミを処理してもらうためには処理手数料がかかるのが一般的です。
相場はゴミ10キロにつき50円~100円程度なのでリーズナブルですが、無料ではないので注意しましょう。

Sponsored Link