Sponsored Link

「平服でお越しください」って言われても…

「平服でお越しください」と言われて困った経験はありませんか?
就職活動や結婚式、入園式などの学校行事やお葬式など、「平服」を指定される場面は少なくありません。
ですが、普段はあまり使わない「平服」という言葉で服装を指定されると少し焦ってしまいますよね。

平服

「平服でお越しください」というのは、いわゆるドレスコードの話です。
冠婚葬祭やパーティなどのイベントごとで、「キッチリとした正装でくる必要はありませんよ」というような意味で使われる言い回しです。
ここでいう正装とはタキシードやカクテルドレスなどの本格的な礼服のことで、「平服でお越しください」と言われた際にはもう少しカジュアルな略礼服を着ることが求められます。

具体的には、スーツやジャケットなどが略礼服として認められます。
詳しくは後述しますが、「平服」が表す格好はTPOに応じて変える必要もあるので気を付けましょう。

平服と普段着は違う!

絶対に勘違いしないように覚えておくべきなのが、「平服は普段着とは違う」ということです。
「平服」という字面から、なんとなく「平常通りの服装だろう」と誤解し、普段着で行くと赤っ恥をかくことになります。

平服はあくまで略礼服です。
「平服でお越しください」という案内は「キッチリとした正装でくる必要はありませんよ」という意味ですが、同時に「品のある恰好をしてきてください」という意味を含んでいると考えましょう。
あらたまった場に出て、目上の方と会っても恥ずかしくないような服装を選ばなければなりません。

Sponsored Link

もしも平服選びに自信がなければ、男性の場合はスーツを着ておけば最低限のボーダーラインは達成できます。
女性もスーツで構いませんが、女性の場合はパンツスタイルのスーツを着るとややビジネスよりの印象になってしまうので、シャツやロングスカートなどの華やかな服装が好まれます。

間違っても「平服でお越しください」と言われて、TシャツとGパンなんて格好で出向かないように注意しましょう。

TPOに応じて平服を選び分ける

ひとくちに平服と言っても、状況によって最適な服の選び方が異なります。

例えば就職活動中、これから面接を受けにいく企業に「平服でお越しください」と言われたらどうでしょうか。
一瞬、「カジュアルな服装で面接に行くべきなのか?」と悩んでしまいそうですよね。
しかし、就職活動における「平服」とはスーツのことを指している場合が多いため、この場合は「平服」と言われてもいつも通りのスーツ姿で行くのが正解です。

では、結婚式の招待状に「平服でお越しください」と書いてあった場合はどうでしょうか。
結婚式といえば、招待客もそれなりに華やかな着物を着たり、柄の入ったスーツを着たりとオシャレをするものですが、ここで「平服」と言われると悩んでしまいますね。
この場合は、「あまり派手すぎない服装」と捉えればOKです。結婚式でいう「平服」は、花嫁よりも目立つほど派手すぎる服装を避ければ、あとは自由に服を選んでよいということになります。

お葬式でも「平服でお越しください」と言われることがありますが、この場合は「正喪服でなくても構いません」という意味になります。
正喪服とは、喪服の中でも最も格式が高い装いで、主に亡くなった方の家族などが葬儀で着用するものです。
葬儀に参列する方の場合、正喪服を着ると逆にマナー違反になってしまう恐れがあるため、「平服でお越しください」とアナウンスされるわけです。
お葬式で「平服」と呼ばれるのは、正喪服よりも段階が下の準喪服や略喪服を指しており、決して普段着でOKという意味ではないので間違えないようにしましょう。

このように、同じ「平服」でも、イベントごとにその意味合いが違います。
平服を指定されたときには服のセンスを気にするよりも、選んだ服がTPOにしっかり応じているかどうかを確認するのが無難です。

Sponsored Link