Sponsored Link

お通夜は平服でも構わない

お通夜というものは、得てして突然やってくるものです。
知人が亡くなったという知らせは多くの場合何の覚悟もしていない段階できてしまうため、お通夜の知らせには誰でも慌ててしまいます。
お通夜の服装
亡くなったその日に知らせが来ればある程度の備えが出来るものですが、場合によってはお通夜が開始される数時間前になってようやく連絡が来ることもあるでしょう。
遺族の方たちも葬儀の準備に忙しいため、参列者全員へ連絡が行き届くまでにはそれなりの時間がかかってしまうものなのです。

突然のお通夜の知らせを受けたとき、慌ててしまうのが「喪服」の用意です。
喪服は普段から頻繁に着るものではないため、突然出せと言われても用意できない方という方もいることでしょう。
葬儀に慣れていない若い方だと、そもそも喪服を持ってすらいないというケースも珍しくありません。

しかし、基本的にお通夜は「平服」でも構わないので安心してください。
派手な格好さえしていなければ、黒っぽい普段着でも許容されることがあります。
会社関係の知人だと、制服や作業着のままでお通夜に行く方がよく見受けられますが、これはむしろ正しいマナーだと言えます。

お通夜においては、むしろカッチリとした正喪服の方がマナー違反になりかねません。
突然のお通夜にも関わらず正喪服を用意できたということは、「死ぬことを予想していた」という印象を与えてしまうためです。

Sponsored Link

その点、平服でお通夜に行くと「亡くなるなんて思いもよらなかった」「着の身着のまま慌てて駆けつけた」という印象になります。
お通夜はもともと告別式が始まる前に「取り急ぎ駆け付ける」という意味をもった行事ですから、突然のことすぎて服の準備ができなかったというのはむしろ正解の反応であるといえます。
ただし、着ている服があまりにも派手な色合いだったり、パーティに着るようなめでたい服装だった場合は、必ず地味な服に着替えてから参列するようにしましょう。

お通夜に適した平服とは

お通夜で着ていくべき平服は、「地味な色合いの服」を基準に選びましょう
正式な喪服である必要はありませんが、できるだけ全身黒っぽい服を着るようにします。
平服とは「略礼服」のことであり「普段着」とは違うので、よほど急な知らせでもない限りは普段着のまま行かないようにするのが無難です。

具体的には、濃紺やダークグレーといった暗い色合いのダークスーツが最も理想的でしょう。
ダークスーツであれば、薄いストライプ模様など、多少の柄は許容されています。

ダークスーツを着るとき、男性の場合はネクタイだけはちゃんと黒い葬儀用のものに変えておきましょう。
女性の場合は、ストッキングや靴の色を黒にするのを忘れないように注意が必要です。

学生の場合、お通夜には学校の制服で行くのが正式なマナーです。
ちゃんとした制服であれば黒系の色でなくとも問題ないので、無理に喪服を用意する必要はありません。
学校の制服が無い場合は、大人と同じように黒系の平服を選ぶようにしましょう。

仕事中にお通夜の知らせがあり、突然出向くことになった場合は仕事着のまま参列することもできます。
ビジネススーツや作業着、お店の制服といった格好でも、「着の身着のまま駆け付けた」という意味であればマナー的には問題ありません。
ただし、時間があれば着替えてから行くのが正式なマナーなので、よほど急でない限りは帰宅して着替えてから参列することをオススメします。
スーツで行く場合は、せめてネクタイだけでも黒いものに変えてから出向きましょう。

Sponsored Link