Sponsored Link

お腹が鳴る原因は「空腹」だけではなかった!

会議中や授業中など、周囲がシーンとしているときに限って鳴ってしまう「グゥ~」というお腹の音…
真剣な場面で大きな腹の音をたてて恥をかいた経験は、誰にでも一度はあることでしょう。
腹鳴
お腹の音は主に空腹時に鳴るものです。
しかし不思議なことに、大してお腹が空いていないはずの場面でも大きな音を立てることがあります。
例えば、食事をとった直後にお腹が鳴りだして、不思議に思ったことはありませんか?

お腹の音が鳴るメカニズムは、人体の「蠕動運動(ぜんどううんどう)」という働きによって生まれるものです。
蠕動運動とは、消化器官が収縮を繰り返して食べ物を胃から腸に移動させるための運動です。
筒状になっている胃や腸が活発に動くことで空気が押し出され、まるで笛のように音が鳴ってしまうというわけです。

人間は空腹になると胃の中を一掃して食べ物を受け入れる準備を始めるため、蠕動運動が起こってお腹を鳴らします。
一方で、食べ物を食べた直後にも蠕動運動は活発に行われるため、むしろ何かを飲み食いした直後のほうがお腹が鳴りやすくなるのです。
昼食後の会議や、給食を食べたあとの授業などでお腹がなってしまうのはそのためです。

人間は食事をすると同時に大量の空気を飲み込んでいます。
胃の中に入った空気が、体内で発生したガスなどと混じり合うことで「お腹の音」という形で発現するのです。
つまり、お腹の中に溜まった空気を上手く逃がすことが出来れば、お腹の音は格段に鳴りにくくなるということになります。

方法その1.背筋を伸ばす

お腹の音を鳴らさないために最も手軽な方法は、背筋をピンと伸ばすことです。
腹部に違和感を感じたら、音が鳴る前に大きく腕を伸ばして背伸びをしてみましょう。
手が伸ばせない状況下であれば、背中をまっすぐに伸ばすだけでも効果が期待できます。

Sponsored Link

机に向かっているときなど、背中が丸まっている状態だとお腹が圧迫されてしまいます。
この状態が続くと胃腸にも大きな負担がかかるため、胃腸の働きが弱まってしまうのです。

負担がかかった胃腸は正しいリズムで蠕動運動ができなくなるため、胃腸内に空気がどんどん溜まっていきます。
溜まった空気がふとした瞬間に押し出されることで、大きな音を立ててしまいます。

これは猫背の人に起こりやすい現象なので、背中が丸くなりがちな方は定期的に背中を伸ばすよう心掛けると良いでしょう。

方法その2.大きく息を吸う

お腹が鳴ってしまうのは胃腸に空気が溜まっているのが原因なので、本当なら空気を吐き出してしまいたいところです。
しかし逆に、思いっきり空気を吸うことでお腹の音を抑えるという方法もあります。

方法はいたってシンプルで、お腹が鳴りそうだと思った瞬間に息を思いっきり吸い、そのまま数秒間息を止めるだけです。
息を止めた瞬間、お腹にグッと力を入れることでより効果的になります。

息を思いっきり吸うと、肺が膨らんで体内の空気圧が高まります。
そうすると胃腸が圧迫され、空気が逃げづらくなるために音が鳴らないというわけです。

ただし、この方法はあくまで一時しのぎです。
胃腸に溜まった空気が無くなるわけではないので、少ししたらまたお腹が鳴りそうになります。
そのためこの方法は、エレベーター内など、ほんの数秒だけ耐え抜けば良いという場面で使うことをオススメします。

方法その3.背中をたたく

会議中などの長丁場では、背中をたたくという方法が有効です。
お腹が鳴りそうだと感じたら、背中のあたりをトントンと軽くたたいていくだけでOKです。
あまり強くたたくのではなく、肩たたきをするような強さで小刻みに叩くのがポイントです。

胃腸に溜まっているのは単なる空気なので、外部から小刻みな振動を受けるだけでも少しづつ抜けていきます。
空気が胃腸から抜けることで、お腹が鳴る原因そのものを取り除こうというのがこの方法です。

方法その4.腹筋に力を入れる

お腹が鳴りそうになったら腹筋に力を入れてみましょう。鳴ってしまったとしても、音を小さく済ますことができます。また、鳴った瞬間にすばやく腹筋に力を入れることで、腹鳴を止めることもできます。

Sponsored Link