Sponsored Link

 

再生可能エネルギーとは

  • 絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギー
  • 利用する以上の速度で自然に再生するエネルギー

のことを言います。

超簡単に言いますと、ズバリ!半永久エネルギーってな感じでしょうか。

風力発電

具体的な例としては、

ソーラーパネルに代表される太陽光、風車に代表される風力、その他には、太陽熱水力地熱波力温度差熱バイオマス(文末参照)、etc…

が挙げられます。

つまり、再生可能エネルギー=自然エネルギーということなんですね。

そうなんです、、、
この「再生可能」という表現が誤解を生んでしまう表現なんです。

「再生可能」という意味は、いわゆる再利用という意味では無いんですね。

英語の翻訳によるものなので、あまり深くは考えず、なんとなく、風力が電力になったりと「置き換わる」ようなイメージをもっておけば結構です。

 

再生可能エネルギーの利点・メリット

  • 自然エネルギーであるため、半永久的に利用できる
  • 温室効果ガスの排出があまり起こらない
  • エネルギー利用技術力の競争による技術革新
  • エネルギー自給率の向上

などが挙げられ、注目すべきは環境保護のためだけでなく、経済発展にも寄与する余地がある点です。

また、個人レベルでは、太陽光パネルの導入による電気代節約と売電収入や、災害時の非常用電源としても効果があります。

Sponsored Link

太陽光発電

今日、いまだに日本は石油や石炭などの限りある化石燃料がエネルギー源の中心となっています。

これらは、もちろん地球温暖化にも直結してしまうエネルギー源です。

これらに代わるクリーンエネルギーである再生可能エネルギーの導入に今後も国が積極的な取り組みを行っていくと思われます。

まだ、個人として協力できる内容の政策は少ないかもしれませんが、今後、少しずつ個人としても再生可能エネルギーを利用推進できる環境の土台が
できあがってくると思います。

一国民として、地球のためになる国の方針に賛同し、協力する気持ちを忘れずに行きましょうね!

 

※参考

バイオマスとは

Wikipediaより引用~

木材・竹・ヤシガラなど植物を燃やし熱を得る。

木材・竹・ヤシガラなどを不完全燃焼により炭化させた炭素の塊である。木炭が多く、比較的軽く燃えやすい。

バイオコークス

植物性バイオマスを高密度に固形化したもの。炭化させないため、燃料化の際に減量が殆ど起きない。石炭代替燃料等に利用される。

糞燃料

動物の糞を太陽熱で乾燥させ燃料としてに利用。牛糞が多く、よく燃える。燃料以外の用途として壁材にも利用される。

バイオガス

糞尿や汚泥等を発酵させ発生したメタンを燃料や化学製品の原料として利用。

バイオエタノール

穀物・果実・植物繊維等に含まれるブドウ糖や炭水化物を発酵または化学反応させたエタノールとして利用。

バイオディーゼル

軽油の代替燃料。菜種油・パーム油・アブラギリ(ヤトロファ等)・ミドリムシ等の油脂を精製した軽油に近い性質の燃料を利用。

バイオ重油

重油の代替燃料。オーランチオキトリウム・ボトリオコッカス等から採れる重油に近い油脂を利用。

バイオマス燃料

薪やバガスなどバイオマス燃料のみで走行可能な蒸気機関車が存在した。

木炭

不完全燃焼させて一酸化炭素を主成分とする可燃性ガスによりエンジンを作動させる「木炭自動車」。

~引用ここまで

Sponsored Link