Sponsored Link

インクが出なくなってもあきらめないで!

ボールペンのインクが突然でなくなって困った経験はありませんか?
芯には十分な量のインクが残っているはずなのに、なぜか紙には一切インクがつかないなんてことも珍しくありません。

インクが出なくなったボールペンはすぐに新しいものと交換してしまいたいものですが、状況によってはそうもいかないこともあるでしょう。
替えのボールペンを用意していなかったり、会議やインタビューの際中で新しいボールペンを取りにいけるような状況でなかったり…
そんな大切な局面でボールペンが使えなくなってしまったら最悪です。

しかし、ボールペンのインクがつかなくなったとしても、すぐに慌てる必要はありません。
ちゃんと芯にインクが残っているのなら、インクが出ない原因さえ取り除けばすぐに復活する可能性があるのです。
あきらめてボールペンを取り換えるのは、いくつかの方法を試してからでも遅くはないはずです。

方法その1.ティッシュに擦りつけてみる

ボールペンは、その名の通りペン先に小さなボールがついているペンです。
このボールが回転して内部のインクを送り出すことで、文字や絵がかける仕組みになっています。

インクが残っているのにボールペンが書けなくなってしまった理由として、ペン先のボールが固まってしまったという可能性があります。
固まったボールを何とかして回転させてあげることができれば、ボールペンは見事に復活することがあります。

そのために有効なのが、ティッシュを使った方法です。
方法は簡単。ティッシュを四つ折りにして、その表面にペン先を擦りつけるだけでOKです。
普通の紙に比べて摩擦力が強いティッシュにペン先をつけることで、引っかかっていた部分が解消されてボールが回転しやすくなります。

Sponsored Link

方法その2.タバコのフィルターで拭いてみる

インクの出なくなったボールペンのペン先をよーく観察してみると、細かいホコリや紙の繊維などが詰まっているのが見えることがあります。
むき出しのボールペンを布製の筆箱などに入れておくと起こりやすい現象で、要するにボールにゴミが挟まって回らなくなっている状態ということです。

これがインクの出ない原因になっている場合は、挟まったゴミを除去してあげるだけで解決するでしょう。
ティッシュでペン先を拭くだけでもそれなりに効果があるのですが、タバコを吸っている方なら、タバコのフィルターを使うと掃除が楽です。

タバコのフィルター部分にペン先を突き刺して、10回転ほどグリグリと押し当ててみてください。
実はタバコのフィルターはボールペンのペン先にできたスキマよりも遥かに細かい繊維で出来ているので、小さなスキマにも入り込んでキレイにゴミを落としてくれます。

方法その3.ペン先を温めてみる

インクも十分に残っている、ボールもちゃんと回転する…
それでもインクのつきが悪い場合は、芯に残っているインクが固まってしまっている場合があります。
インクがガチガチに凝固している状態では、いくらボールが回転してもインクを外に押し出すことができません。

そんなときは、ボールペンを温めてインクを溶かしてあげましょう。
ボールペンに使われるインクは基本的に熱で溶けるので、ペン先を指で押さえるだけでもインクの出が良くなります。
たまに、ボールペンにハーッと息を吹きかけている人がいますが、インクを温める方法としてはなかなか的を射ているといえるでしょう。

手や息の熱でもインクが溶けない場合は、ドライヤーの温風を当てることで解決します。
また、会議中などでドライヤーを使えない場合は、ペン先をパソコンの排気熱に当てるのも効果的です。

Sponsored Link