Sponsored Link

2017年6月から郵便料金が変更されました

2017年6月1日より、郵便料金が変更になりました。
今回の変更では、郵便サービスのいくつかが値上げされましたので、郵便局に行く前に覚えておいて損はないはずです。

郵便料金

変更された点は3つあります。
「ハガキの郵便料金」「定形外郵便の料金」「ゆうメールの料金」です。

定形外郵便やゆうメールは郵便局で直接受付するので良いとしても、問題は「ハガキの郵便料金」が変更になったことでしょう。
ハガキの中には購入時に切手代を支払い済みの「切手付きハガキ」がありますが、2017年6月までに販売されていた「52円切手付きハガキ」をそのまま使用することはできなくなります。
切手付きハガキを買い置きしていた方は、そのまま送ってしまわないように注意が必要です。

以前に購入していた切手付きハガキを使用する際は、不足分の切手を貼らなくてはなりません。
ハガキの新料金は「62円」となりますので、「52円切手付きハガキ」に10円分の切手を追加で貼れば使用可能になります。
料金が不足している場合、ハガキは送られずに自宅のポストに戻ってきてしまいますので気を付けましょう。

新しい切手料金

ハガキの郵便料金

ハガキの郵便料金は62円に値上げとなりました。
2017年5月までは52円だったので、ハガキ1枚あたり10円の料金アップということになります。
また、往復ハガキも、104円から124円に値上がりしました。

ただし例外として、「年賀ハガキは値上げしない」ということも決定しています。
12月15日から翌月1月7日の間に出された年賀ハガキは、これまで通り1枚52円で郵送することが可能です。

Sponsored Link

定形外郵便の料金

定形外郵便はただ値上げされたのではなく、サービス内容が一部変更となりました。
今までは重量だけで料金を決めていたのですが、2017年6月以降は重量に加えて「大きさ」も料金決定の要素となります。

A4サイズの用紙が折らずに入る角形2号の封筒の大きさを超えるものを「規格外」、超えないものを「規格内」として料金を決めます。
正確な規格としては、長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm・重さ1kgまでの郵便物が規格内、どこかひとつでもオーバーしていれば規格外となります。
規格外の郵便物は値上げとなりますが、規格内の郵便物は料金据え置き、または値下げとなっています。

定形外郵便物の新料金は以下の通りです。

  • 50g以内 規格内120円 規格外200円 (旧料金120円)
  • 100g以内 規格内140円 規格外220円 (旧料金140円)
  • 150g以内 規格内205円 規格外290円 (旧料金205円)
  • 250g以内 規格内250円 規格外340円 (旧料金250円)
  • 500g以内 規格内380円 規格外500円 (旧料金400円)
  • 1kg以内 規格内570円 規格外700円 (旧料金600円)
  • 2kg以内 規格内取り扱い無し 規格外1020円 (旧料金870円)
  • 4kg以内 規格内取り扱い無し 規格外1330円 (旧料金1180円)

ゆうメールの料金

ゆうメールにも「規格外」「規格内」の要素が取り入れられることになりました。
大きさの取り決めも定形外郵便物と同じで、長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm・重さ1kgまでの郵便物が規格内、どこかひとつでもオーバーしていれば規格外となります。

ゆうメールの新料金は以下の通りです。

  • 150g以内 規格内180円 規格外265円 (旧料金180円)
  • 250g以内 規格内215円 規格外305円 (旧料金215円)
  • 500g以内 規格内300円 規格外400円 (旧料金300円)
  • 1kg以内 規格内350円 規格外450円 (旧料金350円)
  • 2kg以内 規格内取り扱い無し 規格外560円 (旧料金460円)
  • 3kg以内 規格内取り扱い無し 規格外710円 (旧料金610円)

Sponsored Link