Sponsored Link

 

食べこぼしの種類によってシミの落とし方は違う!

小さな子供のいる家庭にありがちなのが「子供の食べこぼし」に関する悩み。
まだ自分でご飯を食べられるようになったばかりの小さな子供が食べこぼしてしまうのは仕方のないこと…とは言っても、大切な服や絨毯がベトベトになってしまうのは困りものです。
普通に拭いて落ちる分はまだマシですが、なかにはシミになってしまう食べこぼし跡もあります。

染み,シミ

そんなときは、慌てず正しい対処法を心がけましょう。
力づくで拭き取ろうとしても汚れが広がってしまうだけですが、汚れにとって最適のアプローチをかければ綺麗サッパリ元通りになるはずです。

大切なのは「食べこぼしの種類」をちゃんと意識することです。
実は、食べこぼしの種類によってシミの落とし方は全然違います。
今回は、小さな子供がこぼしがちな食べ物のシミの落とし方をいくつかご紹介していきましょう。

ケチャップのシミの落とし方

小さな子供が食べこぼしがちな食べ物のなかでも、一番シミになりやすいのが「ケチャップ」ではないでしょうか。
オムライス・ミートソーススパゲティ・ハンバーグなど、子供たちが大好きな調味料だけに使う頻度も多く、食べこぼされる回数もダントツです。

ケチャップのシミは水溶性なので、こぼしてからすぐに水で拭けば意外にすんなり落ちることもあります。
一番大切なのはスピードで、服にこぼした場合にはできるだけ早く洗濯してしまえばシミになりません。

それでもシミになってしまった場合は、台所用の中性洗剤を使ってシミ抜きを行いましょう。
シミの部分に中性洗剤を塗り、シミの部分を揉みほぐして浸透させたら、手洗いして洗剤を落とします。
よほど酷くない場合は一度で落ちますが、落なかった場合は何度か繰り返し揉み洗いしてみましょう。

Sponsored Link

カレーのシミの落とし方

カレーのシミは油分を含んでいるので、一旦そのまま洗濯して油分を落とします。
普通に洗濯すると落ちにくいので、液体洗剤を直接シミ部分に揉み込んでから洗濯機に入れるとよいでしょう。

しかし洗濯しただけでは落ちないのがカレーのシミの厄介なところ。
ほとんどの場合、洗濯後の布には黄色いシミが残ったままになっているでしょう。

しかしこのシミ、実は天日干しするだけでかなり薄くなります。
カレーが黄色いのは「ターメリック」というスパイスが入っているからなのですが、ターメリックの成分は紫外線に当たると色落ちする性質を持っているのです。
一度で落ちない場合は、何度か洗濯→天日干しを繰り返すことで少しづつ薄くなっていきますよ。

醤油のシミの落とし方

醤油のシミは乾いてしまうとなかなか落ちなくなるので、湿っているうちに水洗いするのがベストです。
それだけでかなり薄くなるはずですが、今回はすでにシミになってしまった醤油の落とし方について解説します。

醤油のシミを落とすために使うのは「お酢」です。
お酢の原液は生地を傷める可能性があるため、通常のお酢を2倍~3倍の水で希釈したものを用意します。
あとは希釈したお酢を清潔なタオルに染みこませ、染みの部分を叩くようにしてトントンと拭いていくだけでOKです。

こうすると醤油のシミがお酢で分解され、タオルのほうに少しづつ移っていきます。
しばらくはお酢の匂いが残りますが、洗濯すればお酢の匂いは簡単に取れるので問題ありません。

様々な食べこぼしに有効な落とし方

最後に、今回ご紹介した以外の食べこぼしにも使える「万能のシミ抜き方法」をご紹介しておきます。
用意するものは、食器用洗剤・タオル・ぬるま湯・歯ブラシの4つです。

まずはシミになった布の下に、汚れても構わないタオルを敷きます。
タオルを敷いたまま、原液の食器用洗剤をシミに直接かけて、歯ブラシの「プラスチック部分」でこすります。
あとはぬるま湯の中で手洗いすれば、シミはかなり薄くなっているはずです。

それでも落ちないシミにはクエン酸や漂白剤を使いますが、色物のTシャツなどは色落ちしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

Sponsored Link