Sponsored Link

クレジットカード

クレジットカードの審査にかかる時間にはバラつきがある

一般的に、クレジットカードを作るときには「審査期間」というものがあります。
クレジットカードは申し込んだからと言ってその場で作れるものではなく、カード会社が申込者について調査し、クレジットカードを持つに値する人物かどうかを審査するわけです。
審査では、「申し込みをしたのは本当に本人か」「住所や勤務先などの情報に偽りはないか」「これまで支払いを滞納したことはないか」など、数々の項目が調べられます。
そうして「特に問題ない」と判断された方だけが、その会社のクレジットカードを持つことができるようになるのです。

審査にかかる時間はクレジットカード会社によって違いますが、多くのクレジットカード会社が「即日~2週間」というような曖昧な期間設定をしています。
実際に申し込んでみると、本当にその日のうちに審査が通る方もいれば、期限ギリギリまでかかってしまう方もいるのです。

では、どうしてクレジットカードの審査期間には人によってこれほどのバラつきが出てしまうのでしょうか。
今回は、クレジットカードの審査が遅くなってしまう原因について解説いたしましょう。

クレジットカードの審査が遅いのは申込者に原因があることが多い

結論から言えば、クレジットカードの審査が遅れる原因は大抵の場合「申込者」のほうにあります。
「審査を出したのに結果が遅い!」とクレームを入れたくなる方もいるかもしれませんが、実際には自分が悪いのですからクレームはお角違いというものです。

Sponsored Link

クレジットカード会社の言う「即日~2週間」というのは、言い換えれば「何も問題が無ければ即日、問題があれば2週間くらいかかる可能性がありますよ」ということです。
問題点が無ければその日のうちに審査終了しますが、申し込みの不備やこれまでの経歴など、どこかに問題点がある方の審査は遅れてしまうものなのです。

よくあるのが、「申し込みの不備」に関する遅れです。
例えば、もともと信用情報に登録されている住所と、今回の申し込み用紙に書いた住所が違う場合、クレジットカード会社はわざわざ新しい住所を確認する作業を行わなければなりません。
申込者は単に引っ越ししただけかもしれませんが、クレジットカード会社としては架空の住所を書かれている恐れもありますから、細心の注意を払って再確認作業を行うわけです。

また、クレジットカードの審査に通るためには「収入」「勤務年数」「居住年収」などの条件も重要です。
これらの条件を余裕でクリアしている方ならすんなり通りますが、合格ギリギリの最低ラインで申し込んできた人の審査にはクレジットカード会社も慎重です。
収入や職種が不安定な人ほどカードで使ったお金を返してくれない可能性が高いのですから、これも当然の配慮だといえるでしょう。

クレジットカード会社は総じて大企業がほとんどですから、クレジットカード会社側のミスで審査が遅れるといった可能性はほとんどありません。
審査期間が遅くなったくらいで筋の通らないクレームを入れれば、それこそ審査に通りにくくなってしまうというものです。
遅くなっても慌てず怒らず、少なくともクレジットカード会社が設定した期間ギリギリまでは待っておきましょう。


Sponsored Link