Sponsored Link

 

ジャックオランタン
ジャック・オ・ランタン
ジャック・オー・ランタン
ジャックランタン

などと呼ばれるものは一体何・・・?Wikipediaではジャックランタンとされていますね。

このジャックオランタンとは、元々はアイルランドやスコットランドに伝わる妖怪のような、鬼火のような、、、

そういうものを指し示します。
「ランタンを持つ男」の意味で、そのランタンはカブをくり抜いて作られたものとされていました。

そんな話が、アメリカに伝わり、アメリカでは、そのランタンにカボチャがよく使わるようになったのです。

なんとなく、もうお気づきですね?

アメリカの影響の強い日本において、一般的にジャックオランタンとは、ハロウィン(Halloween)におけるカボチャの提灯のことを指します。

ジャックオランタン

ランタン=提灯
ですよね。

ジャックオランタンとは何かもう分かりましたね?

そうと分かれば、せっかくですので毎年10月31日のハロウィン(Halloween)に向けて、事前にジャックオランタンを作って見ましょう!

ジャックオランタンには悪霊を退散させる効果もあると言われてますし、子供さんも喜びますので楽しく作りましょう。

 

ジャックオランタンの作り方

<参考動画>

Sponsored Link

用意するもの

  • かぼちゃ
  • ナイフ、スプーン
  • クレヨン
  • キャンドル、ローソクまたはライト

まず、用意するかぼちゃは、カボチャのオバケではなく、

オバケカボチャ

です。

日本のカボチャでもいいのですが、やはり小さいので、できればお化けかぼちゃを用意しましょう。

ハロウィン

まず、かぼちゃの上部または、底をナイフや包丁で切り抜きます。

この際、切り抜いた上部または底部を再び蓋として閉じる場合は、丁寧に切り抜きましょう。

個人的には、底部にローソクを置きますので、上部を切り抜くほうがよいと思います。

次に、かぼちゃの中身をスプーン等で丁寧にくり抜きます。かぼちゃを割れない程度に薄くすると、ローソクに火を灯した時に、かぼちゃがきれいに光ります。

これらの過程の前後に、かぼちゃに顔をクレヨンで描いておきます。

その次に、描いた絵に沿って、かぼちゃを再びナイフ切り抜き、顔をつくります。

最後に、ローソクを倒れないように丁寧にかぼちゃの中に立て、火を灯せば、ジャックオランタンの完成です!

ご家庭でされる場合は、火事防止のため、ライト等を使用されることをオススメします。

Sponsored Link