Sponsored Link

夏真っ盛り、暑い季節が続いていますね。

ところで、テレビの天気予報やニュースで当たり前のように使われている夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜の違いをご存知でしょうか?

真夏日

  • 夏日→1日の最高気温が摂氏25度(25℃)以上30度(30℃)未満である日
  • 真夏日→1日の最高気温が摂氏30度(30℃)以上35度(35℃)未満である日
  • 猛暑日→1日の最高気温が摂氏35度(35℃)以上である日
  • 熱帯夜→最低気温が摂氏25度(25℃)以下にならない夜

と定義されています。

ちなみに猛暑と猛暑日とは使い分けをされており、猛暑とは、最高気温の平年値を連続5日上回ることと世界気象機関が定義しています。

熱帯夜の対策

熱帯夜

エアコンを使わない熱帯夜対策などと言われることもありますが、エアコンを使わなければやはり不快指数は高くなります。

Sponsored Link

少なくとも寝る前からエアコンをつけ始め、その後タイマーで切れるようにセットしておくぐらいは使用することが望ましいでしょう。

エアコンの温度は26度が快適に睡眠できる温度ですので、設定しておきましょう。

布団やシーツやシャツ等に冷感素材のものもありますので、使用すれば体感冷却効果はより一層あがります。
冷却マット等は全身の温度を下げる効果がありますので私も使用しております。

Sponsored Link