Sponsored Link

七五三子供が7歳、5歳、3歳のときにその成長を祝い、祈願する日本の行事です。

七五三

七五三の時期は11月15日に行われる行事とされていますが、実際には親の仕事の関係によってそれほどピンポイントには行くことができません。

実際には10月後半から11月中旬にかけて神社を参拝する親子や家族が多くなります。

最近は少子化の時代といえど、やはり七五三の時期は神社が混み合いますので、10月上旬や11月下旬に時期をずらして行かれる方もいます

格式や伝統にこだわりがなければ、ゆったりとしている方が子供の自然な姿を写真やビデオカメラにおさめることができるのでいいかもしれませんね。

七五三は男子女子それぞれ何歳で行うのか

  • 数え年3歳の男児・女児の「髪置(かみおき)のお祝い」
  • 数え年5歳の男児の「袴着(はかまぎ)のお祝い」
  • 数え年7歳の女児の「帯解(おびとき)のお祝い」

が起源となっていますが、現在では満年齢で行うことが一般的になっており、男子が5歳、女子が3歳と7歳でお祝いすることが一般的になっています。
ただし、地域によって差が残ったままであることも事実です。

七五三の手順と流れ

七五三の手順と流れはまず、参拝しようとする神社に七五三詣の初穂料や祈祷に関する内容を確認します。

予約できる神社であれば、祈祷やお祓いの予約をします。もちろん、祈祷やお祓いなど必要ないということであれば、予約をせずに参拝だけでもかまいません。

当日の流れとしては、
着付け→お参り、写真撮影、会食など
の流れになるのですが、

神社によっては、

Sponsored Link

  • 着物(お宮参り祝着)のレンタル
  • 美容着付け
  • 七五三会食
  • 七五三写真撮影

それから、千歳飴などがセットになっていたり、それぞれ別で購入できたりと、費用はかかりますがかなり便利になっています。
一生のうちこの時期だけのお子様の晴れ舞台、多少奮発してあげてもいいかもしれませんね。

初穂料(はつほりょう)とは

初穂料とは神社に奉納する金銭、つまり神様に支払う謝礼のことを言います。

初穂料の金額の相場は3,000円~10,000円程度ですが、神社によっては金額を設定しているところもあります

熨斗袋(のし袋)の表書きには、

  • 御初穂料
  • 初穂料
  • 玉串料

のいずれかを上部中央に記載して、下部中央に子供のフルネームを記入します。

熨斗袋の種類は一般的な祝儀袋のもので結構です。

Sponsored Link