Sponsored Link

セスキ炭酸ソーダとは

セスキ炭酸ソーダは環境負荷の少ないアルカリ性の粉末(販売時)で、炭酸水素ナトリウムと炭酸塩の化合物のようなもので、セスキ炭酸ナトリウムとも呼ばれます。

洗濯や入浴に使えてしまうとっても便利なものなのですが、薬品のような感じがして、抵抗のある方も多いかもしれません。

しかし、このセスキ炭酸ソーダは薬品というよりもミネラルに近いもので、入浴剤の成分としても使用され、洗剤用に使用する場合にも、洗浄力があるのに手荒れの心配が少なく、洗浄剤として安心して使用することができます。

セスキ炭酸ソーダと重曹との比較

アルカリ性の粉末で、洗濯や入浴に使用できるとなると、思い浮かぶのは重曹ですが、このセスキ炭酸ソーダとはどのような違いがあるのでしょうか?

広い範囲でいうとセスキ炭酸ソーダと重曹はよく似ているのですが、まず、セスキ炭酸ソーダのほうが重曹よりもアルカリが強く、phが高いことがあげられます。

つまり、汚れをよく落とすことができるのです。

また、アルカリが高いことによって、使用する量は重曹よりも少なくて済みます。

また、重曹よりも水に溶けやすく、この面においても手荒れがすくなくなり、使いやすさがありますが、研磨剤のような方法では使用しにくいと言えます。

セスキ炭酸ソーダで汚れを落とす

セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性であるため、油分を乳化したり、タンパク質を分解する効果があります。

したがって、台所などの油汚れや血液の汚れ、屋内における人が手に触れる部分の手垢、タバコのヤニなどの多くの汚れ落としに使用することができます。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダを水に溶かします。
スプレー等にし、小さい範囲をたくさん吹き掃除する場合における、セスキ炭酸ソーダの量の目安は、1%から5%の水溶液を作る程度の量で結構
です。
水500ccに小さじ1杯で1%程度になります。

Sponsored Link

雑巾をセスキ水溶液に浸して広く吹き掃除をする場合は、バケツ1杯に大さじ1杯程度の量のセスキ炭酸ソーダを目安にし、スプレーよりも少し薄めにします。

セスキ炭酸ソーダで洗濯をする

洗濯をする場合は基本的に洗剤を使用すると思いますが、軽い汚れに洗剤まで必要ない場合は、セスキ炭酸ソーダを使用してもよいでしょう。

また、油汚れのひどい洗濯物の予備洗いとしても効果があります。

洗濯機の洗濯槽に小さじ数杯から大さじ1杯程度を入れて洗濯機を動かします。
その後、数時間以上はつけ置きをすると油汚れ等が落とされます。

セスキ炭酸ソーダのみを使用した場合は、すすぎ洗いは1回でも問題ありません。

セスキ炭酸ソーダを入浴剤として使用する

セスキ炭酸ソーダ単体での販売は洗濯用として販売されているのが通常ですが、入浴剤の成分として使用されているものですので、入浴用に使用してもかまいません。

入浴用いう名目で販売すると販売業者に余計な費用がかかるので、基本的には洗濯・洗浄用のかたちで市販されているのです。

入浴用に使用する場合も湯船に大さじ1杯程度の量でお湯にアルカリ性特有の柔らかさがでて、温浴効果が高まります。

用途満載のセスキ炭酸ソーダを有効活用して生活に役立てていきましょう。

Sponsored Link