Sponsored Link

通常、ホームセンターなどで販売されている重曹は、水に溶かしそれに浸けておくことで油汚れ等を落としていく効果がありますが、今回は少し意外な重曹の使い方をご紹介したいと思います。

台所シンク

重曹を研磨剤として使い水垢や汚れを落とす

スポンジなど穴の空いたものでこするとその隙間に重曹の粒が入り込んでしまい、研磨剤としての効果が半減します。

そこで、ゴム手袋を使って重曹で台所のシンクが水垢などで汚れているところを直接こすることで、重曹を研磨剤として利用し、汚れを削り取る効果を最大限に発揮することができます。

Sponsored Link

台所のシンクやタイルであれば、軽く擦るだけでもみるみるうちに汚れがとれていきます。

また、ゴム手袋を利用することで、スポンジなどでは磨きにくい小さいすき間などにも指を直接入れ込むことで、綺麗に擦りとることができます。

また、重曹とゴム手袋を研磨剤として利用することで鍋の焦げやサビを綺麗にこそげ取ってピカピカにすることも可能です。

Sponsored Link