Sponsored Link

現代社会では、かつての日本のようなしきたりにはこだわらなくなってきたことも多くあります。しかし、私達が存在するのは先祖があってのものであり、たとえ会ったことがなくとも、感謝の気持ちは決して忘れてはなりません。

もちろん先祖だけでなく、お世話になった故人を思い出し、先祖や故人、そして自分とも向き合うための時間をゆっくりと作る、それがお墓参りの意義だと思います。

それでは、お墓参りに行く時期や時間はいつなのでしょうか。

お盆にはお盆休みという言葉があるので、時期は分かるけど、お彼岸の時期は良く知らないという方も多いのではないでしょうか。

お墓参りに行く時期と時間

まず、基本的には「思い立ったらお墓参り」というスタンスで、いつ行ってもかまいません。そもそも「思い立つ」タイミングで先祖や故人と何かしらの疎通があったのだろうという意識でお墓参りをすると良いでしょう。

時間帯については、午前中がよいとされていますが、明確な根拠はあまり言われておらず、後回しにせず早くお参りをすべきという考え方が元になっているようです。そのため、午後であっても特に問題はありません

また、一般的にお墓参りに行く時期としては、「お彼岸」、「お盆」、「年末年始」「命日」「月命日」などがあります。

お彼岸

お彼岸とは、春分の日と秋分の日を「中日」として、その前後それぞれ3日間を含めた期間のことを言います。つまり、お彼岸の時期は春と秋にそれぞれ7日間あるということになります。

お墓参り・彼岸花

お参りには中日が良いとされますが、それほど気にする必要はありません。

Sponsored Link

また、お彼岸には太陽が真東から昇り、真西に沈む日となり、この世とあの世が最も近づく日とされています。この期間に先祖や故人を供養する習慣がはじまったようです。

お盆

お盆の時期は、言わずと知れた8月の13日から15日または16日のことを一般的には指します。

お盆は先祖や故人がこの世に帰ってくる日と言われており、お墓まで先祖や故人の霊を迎えに行き、家まで連れて帰ってくる行事となります。

8月13日に迎え火をたいて先祖や故人をお墓まで迎えに行き、中日の14日15日を共に過ごし、8月16日に送り火をたいて送り出します。8月15日に送り火をする地域もあります。

最近は火をたくことが危険とされ、迎え火や送り火は省略されることも多くなっています。

東京を中心として一部の地域では、新のお盆(新盆)の時期として7月13日から7月15日とし、7月16日を送り火とする風習があります。

年末年始

年末の時期は新年を迎える前に年納めのお参りをすることがあります。家庭の大掃除と同様にお墓も綺麗に掃除をしましょう。

年始であるお正月においては、盆と同様に先祖や故人が家に帰ってくる日とされています。正月の場合は、多くのご先祖様達が歳神様として家族が元気で暮らせるように見守ってくれるとされています。お盆と同様の迎え火や送り火までは必要ありませんが、先祖を迎えるためのお墓参りをするとされています。

命日・月命日

故人の1年に1回の命日や、毎月の同一日にもお墓参りをします。しかし、命日や月命日については、仕事や遠方に住んでいる関係等で実際の日付でお参りをすることができないことも多いかと思いますので、各地のしきたりや風習に従いながら、可能な範囲でお参りをすればよいかと思います。

結局のところ、序盤でご説明をしました「思い立ったらお墓参り」というスタンスで、常に感謝の気持ちを忘れないことが大切であると思うところです。

Sponsored Link