Sponsored Link

車道を走っている自転車が増えてきた気がしますが…

最近、車道を走っている自転車の姿をよく見かけるようになりました。
ちょっと前までは車道を走っている自転車なんて本格的なロードバイクくらいでしたが、最近はママチャリのような普通の自転車も車道を走行しています。
子連れのお母さんや、フラフラと蛇行するおじいちゃんの自転車が車道を走る姿を見ていると、こちらがハラハラしてしまいます。
自転車
日本中の自転車が一斉に車道を走り始めたのは、2015年6月1日のことでした。
実はこの時期、道路交通法が一部改正されて、今まで黙認されてきた「自転車の扱い」が厳しくなったのです。

法律の改正により「自転車=車道」が決定的に

一昔前まで、自転車は歩道を走るべきだという意見が一般的でした。
しかし法律上、昔から自転車は「軽車両」であり、本来なら車として扱うべき乗り物なのです。
ところが自転車が車道を走ると交通事故のもとになるという認識もあり、かつては自転車が歩道を走っていても強く咎められることはありませんでした。

しかし2015年になって道路交通法が改正されると状況は一変します。
我が物顔で歩道を爆走するマナーの悪い自転車が増えたということで、自転車による交通違反が厳罰化されたのです。
現在の法律では、自転車が歩道を走った場合3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処される可能性があります。

このことがメディア等で報じられ、自転車の正しいマナーが世間にも広く認知されることとなりました。
それまでと比べ、警察も歩道を走っている自転車に注意喚起を行うことが増えたため、歩道を走行する自転車は次第に減ってきています。

Sponsored Link

自転車が歩道を走ってもいいケースがある

しかし、全ての自転車が必ず車道を走らなければならないというわけではありません。
場合によっては、自転車の歩道走行が認められる例外もあるので覚えておきましょう。

自転車に乗っている人の年齢に関わらず、「歩道通行可」の標識がある場合は自転車でも歩道を通れます。
場合によっては歩道に自転車専用道のルートが確保されていることもあるので、標識に従って運転を行いましょう。

自転車に乗っている人の年齢が13歳以下、または70歳以上の高齢者である場合は、標識のない場所であっても無条件で歩道走行可になります。
また、内閣府令で定められた身体障害者の方も同様に歩道走行が可能となります。

以上の条件に該当しない場合でも、「車道を走行するのが危険」だと感じた場合は臨機応変に歩道を走ることが認められます。
例えば、道路側に路上駐車をしている車が居る場合、路肩が工事中の場合、渋滞により車幅が極端に狭い場合…などなど、車道を走ることで事故の可能性が高まる場合は歩道を走りましょう。
ただし、この場合はあくまで一時的に歩道を走れるというだけです。車道側の危険が解消されたのにも関わらず歩道に居座り続けると注意喚起を受けることもあるので注意しましょう。

車道を走るときは車と同じルールを守ろう

ときおり車道を逆走している自転車を見かけますが、これは明らかに悪質な道路交通法違反です。
もし警察に見つかれば、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処されるので真似してはいけません。

基本的に、自転車と車には同じルールが適用されます。
上記で説明した左側通行のルールももちろん共通ですし、飲酒運転や電話をかけながらの運転も、車と同じように罰せられます。
自転車は免許を必要としないため正しいルールの周知が遅れてしまいがちですが、正しいルールを守らなければ重大な事故に繋がりかねないので用心しましょう。

Sponsored Link