Sponsored Link

原油高によってガソリンの値段が高騰する今日、ガス代を節約するために、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れている方も見受けられます。

ハイオク

では、実際のところ、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れても問題はないのでしょうか?

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違い

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いは「オクタン価」の違いにあり、ハイオクはオクタン価が高く、レギュラーはオクタン価が低くなります。

オクタン価はノッキング(エンジンのカタカタ音や振動)の起こりにくさを表す指標で、数値が高いほど、エンジンのノッキングが起こりにくくなります。

正しい表現にはなりませんが、もう少し分かりやすい表現を使うならば、オクタン価が高いガソリンは燃えにくいと言えます。

エンジンの中では、ピストンがガソリンと空気の混ざった混合気を圧縮して、点火プラグによって着火して爆発を起こすことでエネルギーを得ます。

その圧力が高くなっても着火しにくいハイオクガソリンはレギュラーガソリンよりも高圧縮をしてから点火することで、より高いパワーを生み出すことができるのです。

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れると?

ハイオク仕様車は前述のとおり、高い圧縮をする前提で作られていますので、レギュラーガソリンを入れると、点火プラグが点火をする前に、その圧力によって自然発火をしてしまい、実際に点火プラグが着火する際には、すでにガソリンは燃えてしまっている、ということが起こります。

これがノッキングと呼ばれる現象です。
ノッキングはエンジンにダメージを与えるため、起こってしまうことは望ましくありません。

ガソリン

Sponsored Link

しかし、ガソリンにはアンチノッキング剤というものが含まれており、また、最近の車は、メーカーがエンジンの点火タイミングをずらすためのノッキングセンサーを搭載しておりますので、よほどでない限り、ガソリンの違いによるノッキングは発生しません。

また、メーカーやディーラーなどもハイオク仕様の車にレギュラーを使用することは問題ないと口頭レベルで回答しているということもよく耳にします。

ただし、レギュラーガソリンを入れるとメーカー保証が受けられなくなることもあるので注意が必要です。

注意!ハイオク仕様車とハイオク専用車

まず、必ず注意しなければならないことは、自分の車がハイオク仕様車ハイオク専用車かということです。

ハイオク仕様車であれば、前述のとおり、レギュラーを入れても問題ありませんが、ハイオク専用車の場合にレギュラーガソリンは絶対に入れてはいけません。

ハイオク専用車は圧縮比が非常に高く、レギュラーガソリンを入れると、エンジンに甚大なダメージを与えるだけでなく、火災をも引き起こしかねません。

燃費への影響について

ハイオク仕様車はハイオクガソリンを使用することを前提に作られておりますので、レギュラーガソリンを使用した場合は燃費が悪くなり、最大で30%程度燃費が悪くなると言われます。

私の実感でも、リッター1km程度は燃費が悪くなっていました。

つまり、一時的なレギュラーガソリンの使用であれば経済的なメリットはあるかもしれませんが、満タン程度になるとレギュラーガソリンのメリットはあまりないと言えます。

結局ハイオクとレギュラーどっちがいいの?

日本の質の良いガソリン、質の良い国産車を使用し、エコな運転を心がけるとレギュラーガソリンを使用したほうがコスト面でメリットが出る場合もあるかもしれ
ません。

しかし、総合的には、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れてエンジンの調子が悪くなるという例も見られること、メーカー保証が受けられなくなる
ということ、を勘案すれば、ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを使用するのは例外的な状況においてのみにしたほうが良いでしょう。

Sponsored Link