Sponsored Link

本日は七夕ですね!織姫と彦星はうまく会うことができたでしょうか?

と、こうして書いている間にも七夕が終わってしまいそうですが・・・本日、として書かせていただきますね。

実は、今日7月7日はクールアース・デー(クールアースデイ)とされています。

なんだか「すずしい地球」といった印象で、省エネな印象はなんとなく受けるかもしれませんが、具体的には国の構想であるクールアース推進構想に関連して制定された日なんですね。

クールアースデイ

これは、アベノミクスで飛ぶ鳥を落とす勢いの阿部晋三首相が前内閣を組閣していた時に提案した「美しい星50」を福田康夫内閣においてさらに発展させて発表されたものなんですね。

このクールアース推進構想は、2008年の洞爺湖サミットを意識して表明されたとされています。

ザ・ウインザーホテル洞爺が一躍有名になったあのサミットですね!

以上のように、クールアース、美しい星とくればやはり省エネ以外は考えられませんね。

各地において、地球温暖化防止のために、二酸化炭素CO2削減の取り組みがされています。

Sponsored Link

 

イベントとしては、というよりイベントと言っていいのかどうか、というところなのですが、普段はあまり消える瞬間を見ることができない照明が一斉に消されるという意味ではイベントの一つに入れてもよいかと思います。

ライトダウンライトアップ

ライトアップに対抗して、ライトダウンキャンペーンと表現されたりもします。

  • 横浜ベイブリッジ
  • 東京タワー
  • お台場
  • 通天閣
  • 大阪城
  • さっぽろテレビ塔
  • 札幌市時計台

などが、環境省の呼びかけによってクールアースデイのライトダウンに協力し、その他大手民間企業においても実施が増えてきています。

毎年テレビで流れるのは横浜ベイブリッジが多いですね。

環境省によると、これらの取り組みによって一日に二酸化炭素排出量を420トンも削減できるというのですから、なかなかあなどってはいけません。

個人レベルでも取り組みに協力してきましょうね!

目指せ地球温暖化阻止!

 

似たような日として、「アースデイ」というのがありますので、またご紹介しますね!

 

Sponsored Link