Sponsored Link

意外に大変?!炭の火おこし

キャンプやビーチパーティなど、夏のアウトドアに欠かせないのがバーベキュー。
炭火で焼いた食材を野外で豪快に頬張る楽しさは、夏のアウトドアの醍醐味といってもよいでしょう。
炭起こし
とはいえ、バーベキューをやるにあたって意外に大変なのが炭火の準備です。
コンロ台に炭を並べ、いざ火をつけようとしてもなかなか上手くはいきません。
早く食事にありつきたいのに、炭に火を入れるだけで30分近くもかかってしまう…なんてことも珍しくありません。

アウトドア慣れしていない人にとって最初の関門とも言うべき炭火の準備ですが、実はある程度コツを知っているだけで簡単に炭火が付けられるようになります。
少し慣れれば炭火の用意は2分程度で出来るようになるので、楽しいバーベキューの時間をもっと存分に楽しむことができますよ。

炭に火をおこすコツ!いきなり炭に火をつけようとしない!

大きな炭に火をつけるために最も大切なポイントは、「最初から炭に火をつけようとしないこと」です。
炭火をつけるのが苦手な人の手元を見てみると、大きな炭にいきなりライターの火を当てて着火しようとしがちです。
これでは、炭に火が入る前にライターオイルが切れてしまいます。

そもそも炭の塊は、ライター程度の火力では簡単に燃え上がりません。
そのため、まずは「火がつきやすいもの」を燃やして、コンロ内の火力を上げておく必要があるのです。
着火
最もポピュラーなのは、最初に新聞紙に火をつける方法です。
新聞紙はライター程度の火力でも簡単に燃え上がるため、まずは火をつけた新聞紙をコンロ台に入れ、その火力を利用して炭に火をつけるのです。
ただし、新聞紙はすぐに燃え尽きてしまうため、置き方を少し工夫しないと炭に火が移る前に火が途絶えてしまいます。

Sponsored Link

そこで、市販品の着火剤を使う方法が初心者にはおすすめです。
着火剤は、油脂などを配合することで燃えやすくした木質のブロックで、新聞紙に負けず劣らず簡単に燃え上がります。
しかも新聞紙に比べて灰が出にくいので、食べ物に汚れがつきにくいという利点もあります。

新聞紙を使うか着火剤を使うかは各々の好み次第ですが、いずれにしても最初から炭に火をつけるのではなく、簡単に燃えるものにつけた火を炭に移すというのが基本となります。

炭の火のつけ方!2分で炭に火を移す裏ワザとは?

新聞紙や着火剤を使っても炭火が起こせないという方は、炭の並べ方に問題があります。
ここでは、たった2分で炭に火を移すことができる特殊な並べ方をお教えしましょう。

用意するものは、新聞紙と炭、それにライターだけです。
新聞紙の代わりに手で割れるタイプの着火剤を使っても構いません。

まずはこよりを作る要領で、新聞紙を10cmくらいの長さにねじっていきましょう。
新聞紙のこよりを10本ほど作ったら、それを四角形に組み合わせて積み上げていきます。
組み方はちょうど、ジェンガを積むようなイメージです。2本づつ並行に並べたら、その上の段にも垂直に新聞紙を並べていきます。

新聞紙を組立て終わったら、その周囲を炭で囲っていきます。
炭は横に寝かすのではなく、立てた状態で並べるのがコツです。
新聞紙を炭で囲ったら、さらにその上の段にも炭を並べて2段重ねにしておきましょう。
すると炭で出来たドーム型の煙突が、新聞紙のタワーを取り囲んでいるような形になるはずです。

あとは、炭のドームを崩さないように注意しながら、中の新聞紙に火を入れるだけOKです。
こうすると、一気に燃え上がった新聞紙の火がまんべんなく炭に当たり、煙突状になっているため空気が循環して炭の温度が高くなりやすくなるのです。
この方法をマスターすれば、炭の着火までにかかる時間はわずか2分程度になります。

Sponsored Link