Sponsored Link

クラゲに刺されたら応急処置が大事

夏場のマリンレジャーには危険な事故がつきものです。
特に海水浴では、クラゲによる刺傷事故が頻繁に発生します。

クラゲの触手には「刺胞細胞(しほうさいぼう)」とよばれる毒針がびっしりと備わっています。
海中を漂うクラゲに気付かず肌で触れてしまうと、触手が絡みついて自動的に毒液を発射してくるのです。

クラゲ

種類によっても毒性の強さに差がありますが、共通するのはすぐに応急処置をしなければならないという点です。
クラゲの毒が回るスピードは想像以上に速く、油断して放置すると刺された部分が壊死することも珍しくありません。
最悪の場合、クラゲに刺されたことで死に至るという事例もあります。

海で泳いでいて万が一クラゲに刺されてしまった場合は、速やかに海から上がって応急処置を受けましょう。

まずは海から上がることが大切

クラゲに刺されたときは、一刻も早く海から上がりましょう。
毒が回ると全身が麻痺し、そのまま溺れてしまうという事故が何件も発生しているからです。
クラゲの触手は、クラゲ本体から離れたあとも人間に毒針を撃ち続けます。
刺された瞬間にはチクッとした痛みしかなくとも、時間経過と共に悪化していくことは珍しくないのです。

クラゲ刺された

クラゲによる死亡事故の多くは、毒性そのものよりも、クラゲに刺されたことによるショック症状で溺れたことで発生しています。
そうした二次被害を防ぐために、刺されたと感じたら速やかに陸上に上がる努力をしましょう。

もしも刺された瞬間に動けなくなった場合は、大きな声を出して助けを求めます。
ライフセーバーのいる海水浴場なら、そのまま応急処置をしてもらうことも可能でしょう。

陸に上がってから行うべき対処法

陸地に上がって安全を確保したら、刺された部分に応急処置を施していきます。
クラゲの種類によって有効な対処法は異なるのですが、まずはどんなクラゲにも対応できる処置から実践していきましょう。

Sponsored Link

まず最初に、クラゲに刺された部分を海水で洗っていきましょう。
注意するのは、クラゲに刺された傷は絶対に真水で洗ってはいけないということです。
傷口にはクラゲの刺胞細胞が残っているはずなので、真水をかけると浸透圧の影響で毒が回ってしまいます。
クラゲに刺された部分は、バケツなどで汲んできた海水で洗うようにしましょう。

次に、クラゲの触手を取り除いていきます。
ただしこの処置は、刺された部分に目に見えるほど大きな触手が付いている場合に限ります。
付いているかどうか分からないような小さなものは、無理に引きはがすと危険なので病院で取ってもらいましょう。
大きな触手を取るときには、当然ですが素手で触ってはいけません。
ピンセットがあれば一番良いのですが、なければタオルなどで触れないようにして除去しましょう。

触手を取り除いたら、氷で冷やします。
クラゲの毒は冷やすと働きを弱めるため、氷は毒が流れないようにするために有効です。
また、氷で冷やすと痛みが緩和されるという効果も期待できます。

ここまでが、どのクラゲにも対応できる応急処置です。
クラゲの種類によっては他の応急処置が有効になる場合もありますが、何より重要なのは一刻も早く病院で診てもらうことです。
この時点で刺された人の容態が安定しているようなら、変に応急処置を重ねるよりも病院に連れていったほうが良いでしょう。

クラゲの種類によって対処法が違う

よく「クラゲに刺されたら傷口に酢をかけると良い」と聞きますが、これはクラゲの種類にもよります。
酢が応急処置に役立つのは沖縄などに多く生息する「ハブクラゲ」などの一部のクラゲだけです。

一般的な食用酢には、クラゲの刺胞細胞に作用する働きがあります。
ハブクラゲの刺胞細胞には酢の刺激を受けると働きを弱める性質があるため、毒が回らないようにするために酢が有効になるのです。
もしもハブクラゲに刺されたと分かったときには、触手を取り除くまえに酢をかけると効果的です。

しかし、酢はどんなクラゲの刺胞細胞にも良い効果をもたらすわけではありません。
「カツオノエボシ」などのクラゲに刺された傷に酢をかけると、刺激で刺胞細胞が活発化し、毒が回りやすくなることが分かっています。

クラゲによって、酢が効くかどうかは異なります。
しかしよほどクラゲに詳しい方でなければ、自分を刺したクラゲの種類なんて全く分からないことがほとんどです。
種類が分からない以上、逆効果をもたらす可能性のある酢を応急処置に使うのは控えたほうが無難です。

そもそも刺されたからといって無理にクラゲの種類を特定する必要はありません。
まずはどんなクラゲにも対応できる応急処置を施し、あとは専門のお医者さんに診断してもらいましょう。

Sponsored Link