Sponsored Link

魚釣りや潮干狩りが法律違反になる恐れがある!?

みなさんは「漁業権」という法律をご存じでしょうか。
ざっくり言うと、漁業権は「海産物をとるために必要な権利」のことです。
日本国内にいるほとんどの漁師さんは、各都道府県知事のから漁業権の許可を受けて操業しています。
漁業権
漁業権を持たない人間が海産物をとることは「密漁」という違法行為にあたります。
しかしこれを聞くと、「じゃあ魚釣りをしている人や、潮干狩りをしている人は違法なの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

実は漁業権には細かい規定があり、一般の方が魚や貝をとるだけでも違法行為になってしまうケースがあります。
楽しい海のレジャーで密漁を犯してしまわないよう、漁業権のボーダーラインについて学んでおきましょう。

魚釣りは漁業権の侵害になる?

日本の漁業権では、レジャー目的の魚釣りを「遊漁」に定めています。
つまり、趣味で魚釣りを行うぶんには漁業権の侵害にならないということです。
釣った魚を販売すれば違法になることもありますが、身内で食べるだけならたくさん釣っても罰せられることはありません。
魚釣り
しかし、魚をとる方法については一定の制限があります。
釣り竿を使ってエサ釣りをするのはOKですが、魚や貝に針を引っ掛けて捕獲する「引っ掛け釣り」は原則禁止となっています。
また、船を走行させながら釣りを行う「トローリング」も漁業権の侵害にあたります。

釣る魚の種類によっても罰せられるケースがあることにも留意しておきましょう。
地域によって漁業権で保護されている魚は違いますが、イセエビ、タコ、アワビ、サザエなどの定着性の生き物は、ほとんどの都道府県で捕獲を禁止しています。
仮にこれらの生き物が釣り針にかかったとしても、「遊漁」とは見なされない場合があるので注意しましょう。

Sponsored Link

モリで魚をとるのは漁業権の侵害になる?

魚釣りとは別に、モリを使って魚をとる漁法もあります。
モリ漁も一定のルールさえ守っていれば「遊漁」に分類されるため問題ないのですが、漁業権を持なたい一般人が使えるモリの種類には制限があるので注意しましょう。

漁業権の侵害にならないのは、発射装置の付いていないモリです。
この「発射装置」という定義が曖昧なのですが、いわゆる「水中銃」や、ゴムを使って飛ばすタイプの「ゴム銛」などが違法とされる場合があります。
特に問題ないとされているのは水面から魚を狙って投げるタイプのモリだけで、釣り具屋さんでは「やす」という名前で売られているものだけです。

また、モリ突きに関しては都道府県によっても細かくルールが違います。
「ゴム付きのモリは禁止」と明言している県もあれば、「水中銃でなければゴム銛には言及しない」という県もあります。
さらに厳しいところでは、モリ(やす)の使用そのものを制限していることもあります。
モリ突きを楽しみたいなら、まずは自分の都道府県でどのようなルールが適用されるのかを調べておきましょう。

潮干狩りは漁業権の侵害になる?

実は、潮干狩りには魚釣りよりも厳しいルールが敷かれています。
「漁業権区域内で許可なく潮干狩りをするのは違法」というルールがあるため、有料で潮干狩りを受け入れている海岸以外で潮干狩りを行うと漁業権侵害ということになってしまいます。
では「漁業権区域の外で行えばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、日本国内に漁業権が全くない海というものは存在しないので、現実的な解決策にはならないのです。
潮干狩り
漁業区域内では、貝の種類にかかわらず捕獲してはいけません。
アワビやサザエといった高級な貝はもちろんですが、アサリやシジミといった身近な貝類ですら違法となってしまいます。
「家族で食べる分くらいは獲っても大丈夫」と考える方も少なくありませんが、それは「家族で食べる分くらいだったら漁師さんもわざわざ訴えない」だけであって、万が一気難しい漁師さんに目をつけられればその時点でアウトです。

楽しく潮干狩りを行うためには、有料の潮干狩り場に行ったほうが無難でしょう。
有料とは言っても大抵200~300円くらいで潮干狩りが楽しめます。

Sponsored Link